2010.12.09

小学校の入学式に失敗しない服装と、ウザい親にならないためのマナー

 お子さんの成長をかみ締める式典、入学式。親御さんの喜びと共に、お子さん自身も希望に胸弾ませているでしょう。しかし、入学式の親御さんの振る舞いで、虐めが始まることがあります。お子さんの為にも、マナーをしっかり守りましょう。


お父さんの服装

 スーツがベストです。お子さんの門出を祝う晴れの日ですから、カッターシャツは少し派手でも結構です。アクセサリーは結婚指輪だけに留めておきましょう。



 ピアスを付けているだけで、父親が同性愛者だと噂を立てられ、お子さんが虐めに合ったというケースを聞いています。

 


お母さんの服装

 ワンピースなどフォーマルなスタイルで。アイボリーなど、柔らかい色合いが好印象です。バッグと靴は、服と色を合わせると、コーディネイトの失敗はありません。

 

 ビジネススーツでも結構ですが、この場合、インナーをお洒落にするか、喜びを伝えるアクセサリー・コサージュを左胸に。アクセサリーは最小限のものだけ、身に付けます。

 

和装にするなら

 お父さんは和装にしない方が無難です。男性の和装での正装は、紋付袴に羽織。下手に着て行くと、その筋の人に見られかねません。

 

 お母さんは訪問着か色無地が、入学式に相応しい和装です。小紋は和服で普段着の扱いですから、なるべく避けます。
 

NGスタイル

 香水や化粧品の匂いがキツい、アクセサリーがジャラジャラ、派手なドレスで肌の露出が多い、このようなスタイルは、水商売の女性だと思われます。

 

 水商売も立派な職業ですが、子どもには理解出来ません。昼間の職業の方が偉いと思っています。これが、虐めに発展することがあります。ご注意ください。

 

撮影は最低限に

 近頃、撮影ポジションをめぐっての、父兄の喧嘩が増加傾向にあります。保護者同士のいざこざも、虐めの原因の一つです。



 保護者席に一旦着いたなら、ごそごそ動かず、その場から撮影をし、あとはご自身の目にお子さんの晴れ姿を焼き付けるようにしましょう。

入学式の最中は

 携帯電話はマナーモードか電源オフにし、電話がかかってきても出てはいけません。メールの返信も同じくです。



 会場の外に出れば良いとお考えの人もおられるでしょうが、一度、席に着いたら、式典が終わるまで会場にいるのがマナーです。

教室に入ったら

 入学式の後、教室に移動します。教室に入ってからは、撮影禁止です。私語も慎みましょう。教室は学びの場であることを、お忘れなく。

 

 お子さんがはしゃいでいても、教室内では注意をしてはいけません。先生にお任せするのがベターです。親御さんが注意をすると、余計に騒ぐお子さんもいます。

 


帰宅後

 担任教師や学友、保護者に悪いイメージがあったとしても、それをお子さんに伝えてはいけません。



 親御さんが思っている以上に、お子さんは自分の親の考えに影響されます。ここから、学級崩壊や虐めに展開することもありますので、お気を付けください。

関連記事