2015.03.29

「お母さん任せ」はダメ!男性が好きな「料理上手さん」になるメリット・4つ


皆さんは料理をしますか?一人暮らしの人であればする人も多いかもしれませんが、実家で暮らしていると、基本的にはお母さんに任せてしまいますよね。

「料理なんかできなくたって別に困らないし・・・」「最悪コンビニ行けば良いじゃん・・・」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、今では「料理上手」と言うだけで、かなりの高スペックを持っていると男性から認識されます。

そこで今回は、男性が大好きな「料理上手さん」になるためのメリットを紹介します。

1.「料理」を名目にデートに誘える

「私は料理が好きだから『今度○○君の家作りに行くよ~』とか言って、二人で遊ぶ名目にしちゃいます。結構な確率で喜んでくれますよ。」(21才/学生)

一人暮らし、かつ自分であまり自炊しないタイプの男性からすると、「料理作るよ」と言われることはとても嬉しいみたい。

この誘い文句が使えるのは「料理上手」の人の特権。

簡単なものでも良いので、彼が喜んで「食べたい!」と言ってくれるような料理を勉強しましょう。

2.経済的に良い

「自分で作れるようになると、やっぱりコスパが良いですよ。
男性にお菓子とかをあげるにしても、手間はかかるけど手作りの方が喜ばれるし、安く済むしね。」(25才/カフェ)

毎回コンビニで買ってきたり、レストランで食べたり・・・を重ねていると、どうしてもコスパが悪くなってしまいます。

料理が得意になれば、経済的にも良いですし、男性へのアピールポイントも出来るしで一石二鳥!今からでも遅くありません。勉強しましょう。

3.尊敬される

「やっぱり、自分にないものを持っている人って尊敬できるよね。俺が料理とかまったくできないから、出来るだけですごいなって思います。」(24才/アパレル)

好きな人に「尊敬」してもらえたら、とっても嬉しいですよね。料理が上手だと、それだけで彼に尊敬してもらえるみたい。

ただし彼が料理が得意だと、彼の対抗心を煽ってしまうかもしれません。
料理が得意になってもそのアピールをすべきかどうか、またどの程度見せていくかどうかは、相手をよく見てからにしましょう。

4.付き合ったときに自慢して貰える

「彼女が料理上手だったら良いよね。お弁当とか作ってもらって、絶対周りのやつに自慢しちゃうわ(笑)」(21才/学生)

彼氏に自分の自慢をされたら、嬉しいですよね。男性は「料理上手」な彼女を自慢したくなっちゃうみたい。

そのためにも、彼が自慢したくなるような「料理上手な女」になってやりましょう。そして彼の大好きな「お弁当」を作ってあげるのです。

おわりに

いかがでしたか?

料理上手さんになれば、様々なメリットがあるようです。もうお母さんにお任せしないで、自分でもご飯を作りましょう。

すでに自分でも美味しく作れるという人はそのアピールを忘れないように。せっかくの料理上手をアピールしないなんて、宝の持ち腐れですよ。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事