2010.12.09

男の子に教えてあげる!いつもよりクリスマスデートを盛り上げるテク

冬のデートと言えば、「イルミネーションを見に行く」機会が増えますよね。もちろん、イルミネーションは見るだけでもロマンティックな気持ちになれますが、さらに効果倍増にする秘訣をお伝えします。


男女を結びつけるには、暗闇の中の不安感が重要だった!

そもそも、イルミネーションを見ると、男女はどんな気持ちになるのでしょうか?心理学の専門家によると、「暗闇の中で不安になった気持ちが、光り輝くイルミネーションによって安心感を持ち、隣にいる異性にいつもより親近感を覚えてしまう」そうです。

イルミネーション会場は親密感がアップする場所を選ぼう

この心理を利用するには、出来るだけ周囲が暗く、イルミネーションの光が目立つような会場を選ぶと良いでしょう。あまりよくない場所の例は、繁華街の中やショッピングモールに隣接するイルミネーションです。もともと周囲も明るいので、光と闇の対比が生まれません。街の中心地よりも少し郊外に出るなど、暗い場所の中にあるイルミネーションのほうが、親密感がぐっと高まるでしょう。

寒さから彼女を守ってあげることで、さらに安心感をプラス

女性というのは、男性よりも体温が低い生き物です。熱を発する筋肉が男性より少ない女性は、男性が汗をダラダラ流しているような環境でも、「さむ~い」と震えているような冷え性の子も多いのです。暗闇の中で生まれる不安感を利用して、彼女に安心感を与えるには、外気の温度から彼女を守ってあげましょう。

 

「寒くない?」と気遣いの一言はもちろん、ホットの缶コーヒーをカイロ代わりに渡したり、自分のマフラーを貸してあげましょう。頼れるあなたを演出して、彼女にとってほっとできる存在だとアピールするのです。以上の心理戦を駆使して、イルミネーションデートを23倍に盛り上げてみてはいかがですか?

関連記事