2015.03.30

原因はワタシ!?無意識に恋のチャンスをはねのけちゃってる女子の特徴・4選


恋したい、彼氏ほしい、そう言いつつも「なんか出会いがなくて…」「イマイチ進展しなくて…」という方はいませんか?

もしかしてそれは、あなたが無意識に「チャンスを逃す人」になってしまっているからかもしれません。
今回は、恋愛のチャンスをはねのけてしまう女子の特徴をご紹介します。

1.きっちり敬語

「この前の合コンに来てた子で、最初から最後までずっと敬語崩さない子がいたんだけど、なんか質問されても面接受けてる気分みたいだった笑 
最後までイマイチ距離を測れない子だなーと思った」(26歳/男性/金融)

初対面の人にはとりあえず敬語を使っておくのは間違いではありませんが、もともと親睦を深めるための場において最後までずーっと敬語だと、なんだか距離を置かれているような印象になるようです。

「さり気なくタメ口に以降って難しい・・・!」という人は、敬語の中でも相づちやツッコミなどはタメ口でしてみるなど、ミックス戦法を取りましょう。

2.「好きじゃない=興味なし」対応

「私の友達は、好き!って思った人以外とは絶対に2人でごはんも行かないし、連絡も返さない。
嫌いじゃないのなら取り敢えずつながっておいたほうがいいと思うんだけどね」(23歳/女性/アパレル)

よっぽど忙しくて、「好きな相手以外に使う時間なんてない!」というのなら話は別ですが、さして興味のない人であっても、「マジ無理嫌い」でなければ、つながっておけばそこから人を紹介してもらったり、合コンをセッティングしてもらえたりと新たな出会いが生まれるかも。

それに、1回ワイワイとお酒を飲んだぐらいではその人を深く理解することは出来ません。もう1度会ってみたら、意外と自分にとってステキな人かもしれませんよ。

3.何かとレスポンスが遅い

「ベタだけど、やっぱり飲み会後にすぐにお礼LINEとかしてくれる子はまた飲もうって話になりやすいし、その勢いで次の日程決めちゃいたい。笑  
一旦あいだ開くと、なんとなく熱が冷めて面倒くさくなる」(25歳/男性/印刷)

「飲み会とか合コンとか、やっぱりレスが早い子から誘うかな。返事遅い子だと、その子待ちで動けなくなっちゃうし」(24歳/女性/人材)

「急ぎの内容じゃないし後で返そう」「連絡待ってたみたいに思われるのイヤだし」などなど理由はそれぞれでしょうが、返信が遅い人は要注意。友人からも男性からも誘われにくくなります。

かつてYUIも「返事はすぐにしちゃダメだって誰かに聞いたことあるけど~♪」と歌っていましたが、そういった駆け引きが効いてくるのはお互いにそこそこ盛り上がってきた時の話です。
チャンスを掴むためには素早いレスポンスが重要。ビジネスと同じです!

4.忙しいアピール

「休みの日はなにしてるの?って聞いた時に、『ヨガ行って、資格の勉強して、平日分の料理の作りおきとかしてたら1日終わっちゃう』って言われて、お、おう…と思った。隙がない笑」(27歳/男性/商社)

やっていることは女子力高めっぽいですが、全く休んでないですね。「あなたに使う時間無いですから!」と暗に言われているように感じてしまうかも。

男性の草食化が進んだ現代では、「イケる!」という確信がないと男性からはなかなか誘ってこないと言われています。

男性からすれば、自分に興味を持ってくれるどころかそもそも時間がなさそうとなれば、気後れしてしまうのも無理は無いかも。

他にも、「平日が仕事が忙しいからずっと寝てる」など、忙しくて疲れてるアピールは控えたほうが良さそうです。

おわりに

出会いを求めているのになぜか恵まれない。そう思っている人は、今回紹介した特徴に当てはまっていないか今一度振り返ってみましょう。

「私、誘われたら行きますよ!」感を出していくことが大事ですよ!

(Sakura/ハウコレ)

関連記事