2015.03.31

「いま彼女欲しい」が攻めドキ!男が恋愛モードに突入するタイミング・4選


みなさんこんにちは、恋愛コラムニストの斉田直世です!

失恋したり、仕事で失敗したりしたとき、「ああ、白馬の王子様が迎えに来てくれたらいいのに!」と願ったことはありませんか? 

弱っている時、優しくしてくれた相手には、ついつい心を許し、好意を抱いてしまうのが女性の特徴です。恋愛相談にのってもらっていた男友達と付き合うことになるパターンは、よくある話ですよね。

つまり、女性にとって、精神的に弱っているときこそが、恋愛が始まりやすいタイミング。
では逆に、男性たちは、一体どんなときに恋に落ちやすくなるのでしょうか? 

今回は、男性が恋愛モードに突入するタイミングと、その注意点をご紹介したいと思います。

1.カッコイイ俺を見て!

男性が恋愛モードに入るのは、ズバリ「仕事が上手くいっているとき」。仕事で認められると自己肯定感が高まり、女性に対しても、「こんな俺を見て欲しい!」と思うようになります。

おまけに、仕事をバリバリこなし、収入や将来性が見込める男性に惹かれてしまうのが女性。
こうしてお互いが引き合うため、仕事が波に乗ると、色恋沙汰も巻き込んで何でも一気に動き出すところがあります。

2.ヤバイ、取られるかも……

気に入った女性を自分のモノにするのが、男性の本能であるため、「他の誰かにとられる!」という危機感を覚えると、一気に行動に出ることもあります。

ただし、露骨に別の男性になびいたり、男の影をチラつかせたりするのは少々危険。
男性は、「こいつ、駆け引きしてるな」と見抜くと、途端に冷めてしまうことがありますので注意が必要です。

3.恋愛モード中は来るもの拒まず

恋愛モードに突入した男性は、女性に対して「来る者拒まず」の態勢でもあるということも忘れてはいけません。
第一印象で「いいな」と思ったら、単に性的魅力だけを感じただけでも、とりあえず一度付き合って試してみようと考えている状態です。

もし、恋愛モードの男性を好きになったら、あなた自身が居心地の良い関係なのか、大切にされているか をしっかり見極めましょう。

4.真の姿の見極めポイント

本当の相性が分かるのは、彼の仕事モードがオフの時です。オフの日は、彼の本当の姿が出やすいもの。
自分勝手に週末の予定を決めて、飲み会やサッカーに行ってしまい、ゆっくりと一緒に過ごす時間もないのでは、「大切にされている」とは言えませんよね。

オフの日に、あなたを気遣い、二人で楽しめる予定を考えられるかがポイントです。

おわりに

恋愛モードの男性とは、恋も進展しやすいのですが、逆に、仕事が上手くいっていないときや、自分に自信が持てないときは、暖簾に腕押し状態。

いくら攻めても、「俺に構わないでくれ」「いまは恋愛したい気分じゃない」と断られる可能性大です。
確実に恋を掴みたいのなら、よーくタイミングを見計らってくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事