2015.03.31

この人を好きになりたくない!「好き」の気持ちをすり減らす方法・4つ


絶対振り回されそうなチャラ男、彼女・妻子持ち、友人関係が一部壊れそうな場合など…「この人を好きになってはいけない…」と思う男性に限って、惹かれてしまうものです。
そんな時いったいどうしたらいいのでしょう?

というわけで今回は、「好き」の気持ちをすり減らす方法をご紹介します。
ぜひ頭の整理に読んでみてくださいね。

1. なにかと否定的な友人に相談する

「いつも『でも…』って否定してくる子がいて、たまたまその子に相談したんだけどね。私の恋心の1から10までコテンパンに否定されたの(笑)
今はその子のおかげで、夢から覚めたよ。」(24歳/女性)

何に関しても否定的なひとは、通常避けられがちですが、こんな時は彼ら彼女らの力を借りましょう。
「舞い上がってるだけ」「一時的に盛り上がっているだけだよ(笑)」などとズバッと切り捨ててもらうことで、自分の状況を客観的に見て、気持ちを覚ましていくのです。

選択を間違えて、恋愛体質や一目ぼれが多いタイプの人に相談してしまうと、応援されてもっと気持ちが盛り上がってしまう可能性があるので注意しましょうね。

2.アラ捜し

「絶対好きになりたくない貢がせ男にときめいた時はどうしようかと…
とりあえず容姿や収入の無さ、だらしなさをノートにひたすら書いて…それを友達に見せることでさらに頭が冷えました。よかったあ。」(22歳/女性)

完璧な人っていませんよね。人間何かと欠点はあるものですから、あえてその部分を探し出して捉えるといいでしょう。

「恋は盲目」というように欠点を見て見ぬふりをしてしまいがちですから、熱を冷ますのにぴったりです。

3. 合コンに明け暮れる

「私の経験上、ついうっかり惚れそうになった時は、合コンに明け暮れるのがオススメ。
オトコなんて星の数ほどいるんだから、次の出会いも探せばすぐ見つかるもんだよ」(24歳/女性)

恋愛を塗り替えるものは恋愛…というわけで、手っ取り早く新たな出会いを探しましょう。
あらゆる友達にたのんでセッティングしてもらい、輪を広げてください。

中々収穫が無くても「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と言い聞かせてめげずにチャレンジ!

4.多忙を極める

「悩み事も恋愛も、『暇だから』余計に考えちゃうもんだと思うの。
だからてんてこ舞い状態まで自分を追い詰めれば、自然と頭の中から消えてくれる!」(22歳/女性)

こんな感情もう捨ててしまいたいと本気で考えている方は、仕事に遊びに趣味に大忙しの状態を作り出しましょう。

心に余裕があるからアレコレと彼のことを考えてしまうのです。
常にフル稼働なら、恋愛感情を余計なものとして排除できるはず。

おわりに

いかがでしたか?
「好きになってはいけないと感じた瞬間にはもう好き」とか言ってられません。
むやみに傷つく恋をしたくないなら、ぜひこれらの方法を試してみてくださいね!

(平井エリカ/ハウコレ)

関連記事