2015.04.02

その外し方、爪が傷だらけに!上手なジェルネイルの外し方



こんにちは!ネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。近年はジェルのメーカーも増えて、気軽に自宅で楽しめるジェルネイルが増えてきました。しかし、それと同時に、間違ったジェルネイルの付け方や外し方で、爪が薄くなったり傷でボロボロになる方も増えているようです。
今日は「ジェルネイルの上手な外し方」をお伝えしたいと思います。

傷だらけの爪でジェルを付けても「もち」が悪いから気を付けよう

ガリガリと自爪を削ってから付けるジェルを愛用している方は、付ける際も「削りすぎないこと」に注意が必要ですが、一番爪に傷が付く原因は「外す時」が多いのです。
めくれば外れるからとムリに引っ張ったり、ガリガリ削って外したりしていませんか?

●めくって外すと・・・
ジェルと一緒に爪の一枚目の層が剥がされてしまう為、爪の層が薄くなる→爪が薄くなって水分を保てなくなる→乾燥気味の爪に→爪が潤いを補おうと油分を多めに出す→ジェルの「もち」が悪い爪に、というサイクルが出来上がってしまいます。

●削って外すと・・・
削ることで爪の層が薄くなれば、ムリにめくって外した時と同じ結果に。また、削った際に傷がついてしまうと、一度付いた傷は消えないのでそのまま伸びて行き、爪の先まで伸びた時に傷から折れてしまいます。

上記のように、無理なオフは爪の痛み、そしてジェルの「もち」が悪くなる一番の原因です。
その他にも、新しいジェルを塗る際に、爪の傷にジェルが入り込んで固まってしまう為、次回のジェルが外しにくくなる→外すのが大変で剥がす という悪循環に陥りやすいということもあります。

正しい知識で丁寧に行えば、爪に傷を付けることはないのがジェルネイルです。爪の保護の為に付けるジェルネイルですから、自分で傷めて傷付けてしまわないように、上手なオフを行ってくださいね。

上手なジェルの外し方

ジェルを外すには、効率的な順番があります。ちょっとしたコツで綺麗に外れるので試してみてくださいね。

1.爪の長さを短くしてからオフをはじめる
ジェルネイルは爪の先端までくるまれています。先端のくるみを外す意味でも、先を短く整えてからオフを始めましょう。

2.ジェルの表面に傷を付ける
オフ剤が浸透しやすくなるようにジェルの表面に傷を付けるのですが「どこまで削ればいいの?」という方が多いポイントでもあります。
ジェルに付いている、ラメやホロやネイルシールが削れてくる辺りがちょうどいいです。
カラーだけのジェルの場合は、カラーの層が削れてきたらそこでストップしましょう。

3.ジェルの根元やサイドもしっかり傷を付ける
一番外れにくいところにしっかりと傷を付けましょう。その際、浮いて外れているところを見つけたら眉切りハサミ等でカットしておいてあげましょう。

4.密閉性が高い物で指を巻く
ジェルを外す「アセトン」は揮発性が高いので、空気が漏れやすいものは避けましょう。
指サック等を被せて使う際は、根元をテープで留める等工夫してくださいね。

5.ゆっくり時間を置く
一度巻いたら5~10分くらいはそのままに。何回も「外れたかなー?」と開くのは止めましょう。

時間がかかってめんどくさく感じる人は軍手を使おう

ジェルのオフの何がめんどくさいかと言ったら「時間がかかること」。その間に手を使えないことが何よりもストレスに感じる方も多いはず。
そんな時は、指先にアルミホイルを巻いた後に軍手を被せてみてください。
PCも使えますし、TVのリモコンも使えるので退屈知らずです。アセトンが垂れないように注意して下さいね。

おわりに

「爪の保護」を第一にジェルネイルを付けているのに、爪が傷んでしまったら悲しいですね。
長持ちするジェルネイルを楽しむ為には、丁寧なオフが大切。一度傷がついたら、生え変わるまで4か月くらいかかってしまいますので、爪を大切にジェルネイルを楽しんでください。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事