2015.04.02

ドキドキの新生活・・・!初対面が苦手な女子の誤解・4つ


初対面でも臆することなくしゃべる人もいれば、初対面だけはどうしても苦手だっていう人もいるよね。
知らない人だと緊張してなかなか普段通りには話せなくなっちゃったりして。

これって生まれ持った性格的なものだからどうしようもない……と思ってあきらめてる人はいないかな。なんとかして直したいと思ってる人にはいい方法があるよ。

ただ自分の頭の中に入っているこんな間違った思いこみを取り外せばいいんだ。

1.「好かれなきゃいけない」という思い込み

知らない人と初めて会うとき、「好かれよう」「好かれなきゃ」なんて思ったりしてないかな?

だけど、そんなふうに思っているから緊張して本来の魅力が出せなくなってしまうんだ。
とはいえ、誰だって嫌われるよりは好かれたい。わかってはいても無意識のうちについ好かれようとしてしまうものだよね。
じゃあ、もし、その初めて会う人に好かれなかったとしたら、どうなると思う?

今後の自分の人生に何らかの影を落とすようなことがあったりするかしら。
そもそも知らない人だし、自分のことをどう思われても、よく考えればあんまり関係ないかな……っていう思考が頭の片隅に浮かんできたら儲けもの。

2.「仲良くならなきゃ」という思い込み

相手からいきなり好かれることまでは望まなくても、せめて少しでも仲良くなりたいって思う女子もいるよね。

初対面が苦手な女子は「何を話せばいいのかよくわからないんです……」って悩むことが多いんだけど、その割には「でもどうにかして仲良くならないと終わっちゃいますから」って、無理やりいろんな話をしようとしちゃうんだ。

実はこの「私がんばってます」感が相手を疲れさせて、かえって関係を終わらせてしまうの。
だって、初めて会ったときのイメージが悪いものだったら、もう一度会ってみようっていう気にはならないものね。初対面では力を抜いて気楽に振る舞っていればオッケーだよ。

3.「うまく立ち回らなきゃ」という思い込み

そこまで仲良くはなれなかったとしても、せめて相手の心の中に自分の良い印象を残しておきたいって思う女子もいるよね。

でも、これも実は初対面が苦手な女子にありがちなミス。うまくやろうとすればするほど、緊張して逆に失敗しちゃうんだ。ポイントは、成功しなくていいから失敗を避けること。「二度と会いたくない」とは思われなければそれで良いんだよ。

これをクリアするのはそんなに難しくないよ。あなた自身の過去の記憶を振り返ってみればわかると思うけど、初対面で「二度と会いたくない」と思った相手なんてめったにいなかったでしょう?

だから今あなたが相手から「二度と会いたくない」と思われないくらいのことはちゃんとできるよ。

4.「ほかの人は打ち解けているのに」という思い込み

急に好かれたり仲良くなったりしないでいいって言われても、ほかの女子を見てると、みんな最初からすぐに意気投合して仲良くなってるみたいに見えることがあるよね。

でも、それって実は本当に仲良くなってるっていうわけじゃないんだよ。小さい子供なら嫌なときは嫌だってハッキリ言っちゃうけど、大人はあまり嫌でも嫌そうな顔をしたり言ったりしないからね。

苦手な相手でも、仲良くなくても、その場の雰囲気を壊さないように、楽しそうに、仲良さそうに振る舞うのが暗黙のルールになってるんだね。
別に心から打ち解けてるわけじゃないから、ほかの女子の様子に惑わされて「自分はダメだ」なんて思わないで大丈夫だよ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

初対面だからといって、変に構える必要はないってことがわかってくれたかな。
特別な話はしないで、中身の無い、当り障りのない雑談で一緒に時間を潰しているのが正解だよ。

仲良くなろうとしないから仲良くなれるし、好かれようとしないから好かれるんだ。
たった一回で仲良くなって恋愛がスタートする……という幻想から抜けだして真実の大人の恋愛を始めよう。

ゆっくり少しずつ回数を重ねて徐々に気になる人になって、好きになっていくかもしれない……そんな過程も楽しむ心の余裕が素敵な恋愛を連れてくるんだね。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事