2015.04.04

最初はイイ感じだったのに!ただの友達関係に落ち着いてしまう2人の特徴・4つ


出会った頃はお互いに「この人いいなぁ」という感じで、しかも2人ともがそれに気づいているのに、しばらく経つとまったくなにも起こらず、ただの友達に落ち着いてしまうことってありませんか?

もたもたしていると、最初のドキドキ感が薄れてしまうので、なるべく早いうちから積極的にアプローチしないといけませんね。

今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「ただの友達関係に落ち着いてしまう2人の特徴」について聞いてみました。
出会いの春ということで、これからの時期参考になる内容ですのでぜひ読んでみてください。

1.結局2人で会ってない

「『イイ感じかも。付き合える?』と思ったら、とにかくなんといっても大事なのは、すぐに2人でデートすることです。
『イイ感じかも』と思ったとき、たいてい相手も同じことを思っているはず。なのでこの時期が一番恋愛に発展しやすいんです」

不思議なもので、この「イイ感じかも」な時期は、続いても2週間くらいがせいぜいなんだそうです。「好き」まではいっていないので、長続きするほど強い気持ちではないのですね。

「ぬるま湯」といった感じでしょうか。とにかく早く会って、気持ちを再加熱することが大事です。

2.LINEばっかりしてた

「最初はナイスフィーリングなのに、結局なにもないまま終わってしまうケースにありがちなのが、ずーっとLINEばかりしていることです。
LINEは気楽で、気兼ねなく送ることができる分、それに甘えてしまってそれ以上のアクションを起こさなくなってしまうんですね」

なので、いくら楽しく盛り上がれていたとしても、あくまでLINE友達にすぎません。

LINEを毎日できる関係になることよりも、週に1度でもいいから電話をかけてみたり、1のようにじっさいに会ってみるなど、LINE以上のコミュニケーションが必要なようです。

3.当たり障りない話しかしてない

「『まだ出会ったばっかりだし……』ということで、終始当たり障りのない話だけをしていては、恋愛にはつながりません。
だって、当たり障りのない話だけする相手と一緒にいて楽しいですか? 多少リスキーでも、突っ込んだ恋愛話とかに進まないと、それっきりです」

いざ会ったとしても、それだけで満足しちゃだめ。そこからさらに「好きなタイプは?」とかじゃんじゃん聞いていいんです。

まだ出会ったばかりで友達でもない男女が2人で会うってことは、結局異性として見ていることなんですから、ノーリスクでいる意味なんてありませんね。

4.まわりに言ってない

「いいかもと思ったらなるべく早めに『気になる人がいる』と友達などに話しましょう
周りが応援したり茶化したりしながら、だんだん本人たちが本気になっていくことってよくありますから」

直接アプローチをする勇気がなくても、これくらいならできるんじゃないですか?

出会った女子に好かれて嫌になる男子はいません。時間が経てば経つほど、これすらもだんだんやりにくくなりますので、鉄は熱いうちに打て、ということで。

おわりに

どうでしたか?
とにかく気になる男子にあったら、速攻あるのみです。

もたもたしてると、ほかの女子にとられちゃうこともありますので、のんびりなんてしてられません。頑張って!

(遣水あかり/ハウコレ)
(島村 遥/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事