2015.04.05

諦められない…忘れられない恋を乗り越えて、新しい恋を見つける方法


こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。今日はこちらのご相談について、一緒に考えていきたいと思います。好きな人を忘れられずに悩んでいる、23歳男性の方のお悩みです。

「好きな人を諦めたのに、期待してしまいます。話しかけてくれるんじゃないかとか、考えてしまいます。あきらめが足りないです。本当に苦しいです。しんどいです。
どんなに、期待するのやめようとしても、止まらないです。」

今回は男性からの相談を取り上げてみましたが、これは女性でも同じ、と言うより、誰もが経験のあることかもしれません。なかなか相手への想いをすぐに断ち切るのって難しいですよね。

忘れようとして、誰かと付き合ってみたりしても、結局むなしい気持ちになって破局してしまったり…無理に進めばいいというものではないようです。
どうやってこの気持ちを乗り越えていくか、考えてみましょう。  

まずは、「忘れなきゃ」という考えを捨ててみよう

皆さん失恋した時に、「何とかして相手のことを忘れなきゃ」と思ってしまいがち。
でも、「~しなきゃ」と思えば思うほど頭にこびりついて離れなくなってしまうものです。
だから、まずは、相手のことを好きでいる自分について開き直ることが大切!

誰かを好きでいることは悪いことではありません。むしろ幸せなことですよね!
相手を想う自分のことを責めないでください。「あーまだ〇〇が好きだな、大切だな」と、自分のその大切な心を自分で認めてあげるだけでも、心が軽くなります。

忘れようとして、無理に恋を探さないこと!

冒頭でも少し触れましたが、無理に新しく恋を重ねても、心はむなしくなるだけです。
その相手に、失恋という自分と同じ気持ちを味わわせてしまうことにもつながってしまいます。

「忘れよう」ではなく、自然に相手のことを「知りたい」「一緒にいたい」と思えるようになったら、それは次に進める恋のサインです。

まわりを見渡して!楽しいことはたくさんあります

あなたのそばで笑ってくれる人は、何も恋愛におけるパートナーだけではありません。
失恋したときに励ましてくれた友達や、家族、普段の何気ない所に幸せがあります。
そこを見つめてみましょう。

友達との時間を素直に楽しめば、その自然な付き合いから、新たに心開ける恋の相手が見つかるかもしれません!

恋ってしようと思ってするものではないですよね。失恋すると心がマイナスに傾きがちですが、落ちているときこそ上を見れば幸せがたくさんあることに気づきます。まずは動いてみましょう!

恋って楽しいもの

片思いでも、失恋しても、誰かを思って過ごせる時間はかけがえのない幸せなものです。
その分、あなたも誰かに思われているということ!

そうやって小さな幸せを生んだり、見つけたり、育てたりすることが、恋の傷を癒す、一番の近道です。

(あやか/ハウコレ)
(下薗 なおこ/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事