2015.04.06

まさか逆さま?!男子のハートを撃ち抜くラブラブ回文・4選


こんにちは、ぽこひろです。
みなさんは、「回文」というものを知っていますか? そう、「竹やぶ焼けた」など上から読んでも下から読んでも同じ文ですね。

ただの言葉遊びとして使われるばかりなこの回文ですが、きっと本気を出せば恋愛にだって活かせるはず。カレを笑わせ、感心させて、一気にハートをわし掴みだ!

今回は、回文好きな20代男子15人と一緒に「男子のハートを撃ちぬくラブラブ回文」について考えてみましたよ。

1.「関係ないケンカ」

「俺がこの前考えたのが『関係ないケンカ』って回文。すごくね? 使いどころとしては、そうだなー、カップルでケンカになったとき、『もうこのケンカやめない!? 
これってただの関係ないケンカだよ!』って言ってみたらイイと思う」(大学生/22歳)

そしてすかさずカレは「は? 何が関係ないんだよ!」と言ってくるでしょうから「逆から読んでみてよ」と促しましょう。
気づいたカレの顔にはすっかり子供のような笑顔が。

2.「世の中ホカホカなのよ」

「俺たちってカップル2人とも回文好きなんだわ。この前彼女が弁当作ってくれなくて怒ったら『私が作るよりも、買って食べたほうが美味しいよ。
だって、世の中ホカホカなのよ』だって。おもわずうなったね」(営業/27歳)

つまり、「結局世の中、食べる頃には冷めきった愛妻弁当よりも、買いたてのほかほかの弁当のほうがいい」ということですね。
みなさんもお弁当を作るのに飽きたら、ぜひ言ってみてください。

3.「右手バテ気味」

「この前セックスしてて前戯してたら右手がつりそうになっちゃったのね。頑張って速く動かしすぎて。
それで痛ぇ〜ってなってたら彼女が『右手バテ気味、だね(笑)』って言ってきて、セックスの最中なのに笑ってしまったわ」(音楽関係/26歳)

これも秀逸。カレを襲った突然のハプニングを、まさか回文で一蹴してしまえる彼女がこの世に何人いるでしょうか。左利きだと無理ですね……。
次の4つ目は下ネタがキツイので、読みたくない人は読まないでください。

4.「ウチ、イイ! イッちゃう!」

「こんなのどうだろう? ちいさい『ゃ』が邪魔だけど、一応回文。まさかイク瞬間に回文を使うなんて誰も予想だにしないよね。まあ、あんまり意味ないかもしれないけど……」(会計/26歳)

そんなことを言わないでください。それを言い出したらこの記事の存在意義そのものが失われてしまいますので。

仮にそうだとしても、世の中には回文好きな男子が意外にやたくさんいますので、そういう男子を相手にこれを使えば「そんなに気持ちがいい回文、聞いたことないよー!」と感激しながらイッてくれるでしょうのでぜひお試しあれ。

おわりに

いかがでしたか?
きっとカレは、こんなにも回文を連発しまくるユーモアセンス抜群なあなたを生涯の伴侶とする決意を固めるでしょうね。

それでは最後に、ぽこひろが独自に開発した回文でお別れです。
「いえい」。どうもありがとうございました。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事