2015.04.06

男と金は縁の切れ目?女友達から距離を置かれてしまう女子の言動・5選


女であれば、女同士の揉め事に遭遇したことの一度や二度はあるはず。女の裏切りはいつも突然です。昨日まで友達だったのに今日は敵、なんて場合も珍しくありません。

とは言え、女友達がひとりもいないのは少し寂しいもの。できることなら周りにいる友達は大切にしたいですよね。

そこで、女友達と距離を置きたくなる言動について女子のみなさんから聞いてきました。

1.友達の男を横取り

「私が片思い中の彼と2人で遊びに行った友人。それだけでも信じられないのに『あの彼はやめた方がいいよ。何かケチくさかったし』と余計な忠告までされ、頭にきた!」(19歳/大学生)

女同士で揉める原因と言えば、やはり男関係。狙っていた男を横取りされたり、彼氏にちょっかいを出されたりすれば、誰だって怒りを覚えるはず。

友情を壊したくないのであれば、友達が狙っている男や彼氏には手を出さないこと。男なんて星の数ほどいます。わざわざ友達の男を狙う真似はしないように。

2.気を遣うことを知らない

「女友達に彼氏を紹介したら、『ええ、意外!○○ちゃんってイケメン好きだと思ってた』と言われ、その場の空気が凍りつきました」(24歳/営業事務)

グサッと心に突き刺さるような一言を平気で言っちゃう子もいます。きっと、本人に悪気はないのでしょう。悪気が無いからこそ、あまり責めることもできないのですけどね。

でも言われた本人は意外と傷つきます。仲の良い女友達であれ、最低限の気遣いは忘れずにしましょう。

3.細かいお金を返さない

「学生時代からの友人は、ことあるごとに『今細かいお金が無いから後で返すね』と言って私に支払いをさせます。大した金額じゃないから別にいいんだけど、これが何度も続いているからモヤッとする」(28歳/デザイナー)

「この間の500円を返してもらいたいけど、催促するとケチだと思われそう……」という経験をしたことがある人も多いのでは? 
これって大した金額ではないから言いだしにくいし、借りた本人も覚えていないのですよね。

でも同様のことが続けば、友達を失う可能性も。お金を借りたり、支払いを立て替えてもらったときは、少しでも早く返すようにしましょう。

4.SNSで「いいね!」を強要

「SNSに投稿をするたび『写真アップしたからいいね!を押して』と強要してくる女友達。何か利用されている感じがしてイラッとしました」(23歳/アパレル販売)

SNSの「いいね!」が多ければ多いほどリア充。そんな思い込みをしていませんか? 
毎回投稿をするたびに「いいね!」を強要されれば、友達だって不快な気分になります。

自分のリア充アピールのために友達を利用することはやめましょう。本当に良い投稿であれば、言わずとも「いいね!」がつくはず。

5.見た目や性格を全否定

「『そのファッションはもう時代遅れだよ』『消極的な性格がダメなんだって』と私の服装や髪形、性格までを全否定してくる子がいた。もちろん、ばっさりと縁を切りました」(25歳/事務)

いくら仲の良い友達であっても、価値観や考えの違いはあって当然。

でもそれを理解していないと、自分の意見を友達に押し付けてばかりの嫌な女になってしまいます。友達を否定することはもちろん、上から目線でのアドバイスは控えるようにしましょう。

おわりに

味方になることもあれば、敵になることもある。女同士ってたまに面倒くさく感じるときもありますよね。

でも、やっぱり女友達は必要だし、いざというときに助けてくれるのも彼女たちです。そんな女友達を無意識のうちに傷つけてしまわぬよう、言動には注意しましょう。

(LISA/ハウコレ)

関連記事