2015.04.07

勘違いしてた!?あなたが誤解しているかもしれない彼の「好み」


こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。皆さんは、気になる男性や彼氏がどんな女性を「好み」と思っているか、知っていますか?

実は、付き合っている・いないにかかわらず、彼の好みを勘違いしている女性は多いです。
一体どこをどんな風に勘違いしてしまうのか、なぜ勘違いしてしまうのか?実例を交えて解説します。

1.好みの性格を勘違い

「無口で控えめな彼に好かれるよう、おとなしい女性を演じた。でも彼が選んだのは、大口を開けてガハガハ笑う女性だった」(32歳・公務員)

彼が上品だから自分も上品にしなきゃ、なんて思う必要はありません。というか、そう思ってしまったら大損です!人は自分にないものを求めます。

特に男性は女性に較べてその傾向が顕著。控えめな男性には豪快な部分を見せた方がいいし、社交的で気が利く男性には人見知りで甘えん坊なところを見せた方がいいのです。

2.好みのファッションを勘違い

「気になる彼はトラッドな服装が多いので、彼の来る飲み会にはこぎれいな格好で行くようにしていた。が、実はギャル系が好きだと知って愕然とした」(26歳・広告代理店)

……あるあるあるある!そうなんです、男性の多くは、自分が着る服のテイストと異性に着てほしい服のテイストが一致しないのです。

女性は男性の服装に社会性を投影します。要は、個人的な好みだけでなく「社会からどう見られているか」という点も気にします。
が、男性は女性を本能でしか見ていないのです!

つまり、女性は自分が社会からどう見られたいかを自分の服装にも相手の服装にも投影するため、自分の服と相手に着てほしい服のテイストが一致することが多いけれど、男性はそうではない。
女性に求める服は、着ている姿を「好き」と感じるかどうか、それだけで決まるのです。

3.好みのヘアスタイルを勘違い

「私の彼氏は、髪は少し長めで、シャツに細身のパンツなど、きれいめセクシー系のファッション。
『私もセクシー系を目指して巻き髪しようかな?』と言ってみたら、今のショートカットがいいと言われた」(28歳/IT企業勤務)

セクシー系の男性はセクシー系の女性を好きだと思ったら大間違い!

それは髪型にも言えることで、たとえば髪が顔に少しかかるような色気のある髪型をしている男性は、女性には反対に爽やかな髪型を求めたりするものです
(一緒にロックバンドをやっているなど、二人のテイストを統一させる必要がある場合は別)。

ヘアサロンに行く際は、彼の好みを事前調査してから行った方がいいですよ!

4.好みのメイクを勘違い

「街でメイクの薄い女性を見かけると『地味だな』『なんであんなに地味なんだ?』と厳しい意見を言う彼。
スッピンは嫌いなのかと思ったけど、いざ付き合ってみたら私がスッピンの時でも全く気にする様子がない。謎だ」(29歳/メーカー勤務)

皆さんに一つ気付いてほしいことがあります。それは、あなたが彼と付き合っている時点で、彼はあなたの顔そのものを気に入っている可能性が高いということ!
つまり、メイクをしていなくても、基本的にあなたの顔が好きなのです。

だから、あなたの顔立ちを活かしたナチュラルなメイクであれば喜ぶ可能性は大。
一方、あなたの良さを打ち消してしまうメイクは、他の人がどう言おうが、嬉しくないのです。

「地味!」と他の女性に文句を言うのは「俺の好みじゃない上にメイクでごまかす努力すらしていない!」という、勝手な苛立ちなのかもしれません(ヒドイ)。

おわりに

男女間にこういったズレが生じるのは、女性に較べて男性は「自分の好みを言語化できない」ことも関係していると思います。

彼の好みを掌握するには、言葉で「どういうのが好みなの?」と聞くより、「こっちとこっちなら、どっち?」と写真や映像を見せた方が早いですよ!

(ヨダエリ/ハウコレ)
(新部 宏美/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事