2015.04.09

これだけあります!知っておきたいカーセックスがダメな理由・6つ


車を持ってる男子って素敵ですよね。それだけで結構なステータスです。アメリカだったら、車の一台でも持っていないと彼女なんて絶対にできないみたいですよ(笑)。
しかしそんな素敵なカレの車のダッシュボードのなかに、コンドームが入っていたりしませんか?

知っている人も多いはずですが、そこらへんへ道端で車を止めて、そのままその中でエッチをするのはいけません。
でも、ダメとは知ってても、なんでダメなのかその理由をきちんと知っている人は多くはないのではありませんか?

そこで今回は、男女の恋愛事情に詳しい元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「カーセックスがダメな理由」について聞いてみました。
これを知ったら、どれだけスリルがあってもしたくはならないはずです!

1.違法

「まずそもそも、法律的にダメみたいですね。車の中でするのは、公然わいせつっていう犯罪になるみたいで、私の知り合いでも途中で警察に捕まってしまったという人がいます」

笑ってしまいそうですが、全然笑いごとじゃないですよね……。しかも警察に目撃されちゃうってのも最悪ですし、カップルそろってパトカーに乗せられるのも悲しすぎます。

2.すっぱ抜かれる

「運よくおまわりさんに見つからなくても、夏になると週刊誌などがよく、カーセックスに興じているカップルを見つけて写真を撮って雑誌に掲載することがあります。ヘタしたら、捕まるよりも厄介かもしれませんね」

もちろん顔にモザイクは入るみたいだけど、それでもこんなに恥ずかしいことはないですよね。せっかくなら、もっと素敵なことで雑誌に乗れるように頑張りましょう。

3.蚊がスゴイ

「裸でいるから、本当に虫がスゴイ。夢中になってて、終わった後に見たら全身刺されまくりってこともあるようです」

「暑い!」とかいって窓を開けてしまうんですかね。カレに一箇所だけ刺されてると思っていたら、じつは全身刺されていたという……(笑)。

4.不潔

「車のなかだし、シャワーも浴びないから不潔。性病の恐れもありますね。カーセックスのせいで2人で仲良く病気だなんて、ダサすぎますよね」

たしかに言われてみればそうですね。ホテルや部屋でも、ちゃんとシャワーを浴びて、清潔なシーツや毛布でしてくださいね。

5.変質者がくる

「カーセックスをしてるカップルを狙って、車の外から覗いたり、自分も露出したりするような露出狂的な人もいるみたいです。身の危険もあるわけですね」

山道とか、人気のない駐車場とか、カーセックスの人気スポット的なところは、こういう変質者がうろちょろしていることが多いみたいです。かなり怖いですね。
私的には、これが一番怖いです……(笑)。

6.いろんな体位が楽しめない

「カーセックスしよう!と意気込んでみたはいいものの、実際やってみると動きづらくて萎えることが多いそうですよ。性にアグレッシブな彼氏、彼女をお持ちの方は、むしろ室内でさまざまなプレイを楽しむ方が良さげです。」

経験者は語る、といったところでしょうか。(笑)

確かに、車の中って狭いですよね。
動いたら天井に頭がぶつかったとか、ボタン押して窓全開にしてしまったとか、ハプニングがいろいろ起こってセックスどころじゃなくなりそうです。

おわりに

どうでしたか?みなさんは大丈夫だとは思いますが、だいたいカーセックスは、彼氏のほうが「しようぜ」とかノリで言い出して、断りきれずに応じちゃうパターンが多いみたいです。

この記事をきちんとカレにも読ませて、きちんと法律を守ったクリーンなお付き合いをしてくださいね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事