2015.04.11

なんだかもうボロボロ・・・ジェルネイルが取れやすくなっちゃう5つの原因



こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。ジェルネイルを付けている方が増えていますが「なんだか自分だけ取れるの早いなぁ」「皆みたいにジェルネイルの綺麗が続かないなぁ」と思う時ありませんか?
実は、知らずにやっていることがジェルネイルを外れやすくしている原因かもしれません。

合わないジェルを付けている

ジェルネイルは様々なメーカーがありますが、シャンプーでもファンデーションでも、メーカーによって配合成分が違うように、ジェルネイルも「名前が違うだけ」ではなくメーカーによって配合成分に違いがあります。ですので、当然、同じネイリストさんが同じように付けてもそのジェルが合うか合わないかには個人差があります。ファンデーションやシャンプーを選ぶときのように、「自分に合った」ジェルネイルを見つけることはとても大切なことなのです。

プールで泳ぐのが好き

ジェルが、消毒液やお掃除道具で曇ったりすることはご存知の方も多いと思うのですが、プールに頻繁に通われる方も「もち」が悪くなる時もあります。これは、プールの塩素濃度などの関係だけでなく、プールの壁面であるコンクリートに頻繁に触れる為、削れてしまうことも原因のひとつのようです。勢いよく壁面にタッチしてしまうことを少なくするようにしてみてくださいね。

柑橘系成分は要注意!漂白剤もカビ洗剤もへっちゃら!の素手掃除

お風呂掃除や床掃除、ついつい強力な洗剤を使ってしまうと思いますが、これも要注意!汚れを剥がすものはジェルネイルも剥がしがちです。
必ずゴム手袋を使用しましょう。「ちょっとだけだから」と使ってしまうと、変色や浮きの原因になります。特にオレンジやグレープフルーツの成分が多い洗剤はジェルが浮きやすいと言われています。

足の爪のペディキュアを変える時

足の爪にペディキュアを塗る際に、はみ出しを除光液で修正したりしますよね?足のペディキュアに除光液を使う際は、指のジェルネイルに付かないような注意が必要です。
除光液に含まれる「アセトン」はジェルネイルを外す際に使用する成分ですので、ジェルネイルに付くと外れるキッカケになってしまいます。手に付かないように細心の注意でペディキュアをお手入れするか、「ノンアセトンリムーバー」というアセトンの成分が入っていない除光液を使用しましょう。

ビタミン剤の多量接種や服用薬がある

ジェルネイルの中には「ビタミンB6に弱い」といわれているジェルもあります。
爪から吐き出される体内の水分に、薬分が含まれることによって起きる現象ですが、花粉症やインフルエンザの際など、強い反応がある薬を飲むとジェルが外れやすくなることがあります。

おわりに

ジェルネイルは「爪」についているだけですが、爪は皮膚の付属機関ですので、皮膚に反応する様々なものが影響を及ぼします。手が乾燥してしまうものや、手がヒリヒリするようなものは要注意!「綺麗」を持続するにはほっておくだけでは難しいので、よくお手入れするようにしてみてくださいね。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事