2015.04.10

好きな人に嫉妬してしまう理由って?束縛彼氏と付き合う方法


こんにちは!恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。
今日はこちらの16歳高校生のお悩みについて考えていきたいと思います。

「今現在付き合っている人がいます。付き合っていったら、彼がどんどんヤキモチから嫉妬に嫉妬から束縛になっています。
喧嘩も多く、こちらが怒るとキレ始めたり。そんな彼とこれからも上手に過ごしていくためにはどうしたらいいのでしょうか。」

確かに、付き合いを重ねて行くと、お互いの想いがどんどん高まり、大切に思えば思うほど束縛や嫉妬の感情が起こってしまいますよね。

ではそんな感情が沸いてしまったとき、相手が束縛をしてきたとき、どんな風に向き合って行くべきか、一緒に考えていきましょう。

嫉妬の感情はどうして起こる?

まず、この感情がどうして起きてしまうのかを考えてみましょう。
恋人に対して「どこかに行ってしまうんじゃないか」「他に好きな人ができたらどうしよう」などなど、
”相手が離れて行かないように、自分のところにとどめておきたい”という気持ちが束縛に繋がってしまうのです。
つまり、自分に自信が持てないことが一番の原因なのです!

嫉妬の心を抑えるには?

では、上でお話した嫉妬の心を抑える方法を考えましょう!
まずは、自信のなさを自分で埋める努力が必要です!

”相手が自分から離れないように”と考えるより、”魅力的になって、相手が一緒にいたいと思える自分でいたい”というイメージで過ごすこと。
そうすると、もっと仕事や勉強、自分磨きを頑張ろう!と思えて来ますよね。

自分が相手を追うのではなく、相手に必要とされる自分を作ること。
その心の余裕が嫉妬や焦る心を穏やかにしてくれるでしょう!

束縛する彼の気持ちを受け入れて

では相手が自分に嫉妬や束縛の気持ちを向けてきた場合、どうすればいいのでしょうか。
上でも書いたように、こういう不安な気持ちは自信のなさからやって来るものです。

つまり、自信がない彼の弱さをしっかり見つめてあげることが大切!
「そっか、彼は自信がないんだな」と思えれば、そこに対して冷静にアプローチしてあげることができますよね。

「いつもそばにいてくれて安心するよ」と、彼の存在が自分にとってプラスであるということをしっかり伝えてみましょう。

日々のその小さな「ありがとう」の積み重ねが、お互いの自信を作ります。
嫉妬している相手に「なんで信じてくれないの!」と伝えても、自信がない相手からすると不安が加速するだけです。

ムキにならず、「あなたの気持ちはわかるよ。そんなに思ってくれてありがとう。」と、まずは受け入れるという心遣いが、スムーズな愛情の交換につながります!

好きだから一緒にいたい!という純粋な気持ちが嫉妬を生んでしまうわけなので、その愛情に感謝することが大切です。

(あやか/ハウコレ)
(横田 彩夏/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事