2015.04.16

もう我慢できません!カレがキュン死ぬ「ベッドインする瞬間の仕草」5つ


みなさんはカレとイイ感じになって、いざベッドに横になろうというタイミングでなにか工夫をしていますか? 

たぶんほとんどの人が特に何をするでもなくそのまま横になってしまっていると思います。
そもそもそんなことを意識したことがない人もいれば、緊張してそれどころではないという人もいるはずです。

せっかくなので今回は、そのタイミングでできるドキドキテクニックを学んでみませんか?
ここでカレのテンションを高められれば、きっとそのあとの時間がもっとラブラブになるはずです。

そこで今回は、20代男子30人に「彼女にされたら萌死ぬ『ベッドインする瞬間の仕草』」
について聞いてみました。

1.「ドキドキしちゃってる」

「一緒にベッドに横になった瞬間、『すっごくドキドキしてるかも私』みたいな告白をされると、ものすごくかわいいと思ってしまう。
そういうのは、どれだけ長く付き合っても全然言っていいと思うな」(トレーナー/25才)

私的にはむしろ、長く付き合ったカップルにこそやってほしいです。

エッチとかがはじまる前からこういうふうに初々しさを出すことで、マンネリ化も防止できると思うんです。

2.「バクバク」を触らせる

「ベッドインした瞬間彼女が、『ちょっと手貸して』って言って、自分の心臓に当てさせたの。そしたらすごいバクバクしてて。ようは緊張してるってことだよね。
でもそれ以上に、手に当たるアレが……。めちゃめちゃ興奮したわ」(公務員/26才)

これはどちらかというと、1の発展形ですね。セットでつかってみてももちろんイイと思いますよ。

たしかにこれなら、あくまで心臓がスゴイと知らせるためのふりをしつつも、カレをエッチな気分にさせることができるので、かなり使えそうです。

3.隠れちゃう

「俺の彼女が、いっつもベッドに入ると毛布に隠れて『どーこだっ』てやるのがかわいすぎて死にそうになる(笑)」(大学生/22才)

男子は、彼女のおちゃめで子供っぽい瞬間が大好きなんだと思います。
とくに普段は大人っぽくて落ち着いたタイプの女子がこれをやると、かなり効果的でしょうね。

4.一気に「ピタっ!」

「あんまり外とかでベタベタしてこない彼女も、一緒にベッド入ったときだけは一瞬で超ベタベタくっついてくるんだよね。あのギャップがかわいいわ」(会計士/27才)

甘えられるのが好きな男子は、きっと外のデートで彼女がクールにしているとちょっと物足りないんだと思いますよ。

だからホテルや部屋に行ったら、すぐさまベッドで思い切り甘えてあげてください。

5.ディープキス

「やっぱりディープキスが一番最高。すぐにしたくなっちゃう」(大学生/21才)

結局これがもっとも多かったですね。たしかに、そのままエッチをする流れになるんでしょうし、ここで一気にお互いスイッチが入ってもいいでしょう。

男子的には、彼女の方からディープキスをしてくれると、嬉しいのかもしれませんね。

おわりに

どうでしたか?
ベッドで2人きりというのは、相当密着している瞬間です。ここで冷静ぶっていても、なんにもいいことはありません。

あなたのもてるカレへの愛をすべて出しきった、最高の愛情表現をしてあげてくださいね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事