2015.04.17

気付いてないの!?「初対面印象」の悪い女子がしてること・4つ


何事も最初が肝心。ことさら男性にとって「女子の初対面での印象」は、とっても重要なんですって。
女子は時間をかけてゆっくり相手を知ろうとしますが、男性は出会ったときの印象をずっと引きずる傾向があるのです。

あまり男性に好かれない・・と悩む女子は、もしかしたらこの第一印象が悪いのかもしれませんね。

今回は、「初対面印象の悪い女子がしていること」をご紹介します。来たる出会いの季節に向けて、好印象女子を目指しましょう。

1.冷めた雰囲気

「冷めてる感じの子だとあまり印象は良くないと思う。
悪い子ではないとはわかるけど、こちらとしても上手くコミュニケーションが取れないというか」(25歳/営業)

目を合わせない・不愛想・声が小さいなど、冷めた雰囲気の女子は要注意。
人間には、受けたことをそのまま相手に返そうとする性質がありますから、冷たい態度の人には相手も冷たい態度を取りたくなってしまうのです。

そうは言っても緊張してるから仕方ない!という場合には、「私緊張すると不愛想になってしまうんです」など、始めに伝えておくクセをつけましょう。
勇気を出して言葉にすれば、スーッと気持ちがラクになるものです。

2.「でも」と、否定から入る

「初対面で『もう話したくない』、って思うのは話が否定から入る子。『いやいや!』とか『でも』とかさ。
全部同意してほしいわけではないけども、それがデフォルトだとこっちも話す気がなくなる」(23歳/経理)

以前から否定女子の印象の悪さには定評がありましたが、言っている本人は意外と気にしていない場合が多いです。

一度、筆者が否定女子に話を聞くと「会話のリズムをつけるために使っている」と口にしていました。
自分の話を始める際のひと呼吸らしいですが、それだとやはり心証が良くない。

ここは日本人らしくイエス・バット法を使いましょう。まずは相手の意見を「はい」「そうですね」と受け入れてから、それでも違う意見を言うなら初めて「でも」です。

3.人の話を聞かない

「みんなの話題をかっさらって、全部自分の話に持っていく女子はだいたい好かれない。
一緒に居て疲れるし、ほら、恋愛って心が休まる時間を共有できなきゃ続かないでしょ」(22歳/学生)

マシンガントークや人の話を聞かない女子は、どうしても恋愛対象に入らないとの意見も目立ちました。
人の話を聞いてもつまらない!と、バッサリ切らず「どうしたら面白く話を聞けるか」に注力してみるべし。

相手の話に「どうしてそうなった!」「ナンテコッタ!」と、テンション高めに合いの手を入れていけば、意外に楽しいと開眼するかも。

4.立ち振る舞い

「けっこう周りの男子とよく言うのが姿勢が悪い子。これは特に女友達だったら何とも思わないけど、恋愛対象として見るならなかなか重要なところだと思う。
第一印象であまりにも猫背だと不思議と萎えちゃうんだよね」(24歳/コンサル)

猫背などのあまり予想していなかった意見もいくつかありました。

「歩くときに肩が内に入っている子」(21歳/学生)
「脚を閉じずに座っている子。本当に多い!」(24歳/金融)

などなど。意外と見られているのですね、常に念頭に置くべし。

おわりに

いかがでしょうか。初対面が悪いと、そこから相手の恋愛対象に食い込むのは至難の業。
以上のことに気をつけて、男性の好印象をゲットしてくださいね。

(倉持あお/ハウコレ)
(大倉 士門/モデル)

関連記事