2015.04.18

自分に自信が持てないとき、素直に恋を楽しむ方法


こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。
今日は自分に自信が持てない17歳高校生のお悩みについて考えていきたいと思います。

「私は1度も恋愛をしたことがありません。
男性に興味がないのではなく、自分に全く自信がないために、”私なんかに好意をもたれたら迷惑だろう”と考えて恋愛感情を押し殺してしまう癖があるのです。
もう高校三年生ですし、焦ってもいます。どうすれば自分に自信を持てるでしょうか…?」

好きな人が出来ても、自分に自信が持てなくて、どうしても先に進めない…。
自分のことって、案外自分でわからなくて、どうしても人目が気になってしまいますよね。

前向きな恋が出来るようなモチベーション作りについて、考えていきましょう!

自信がないのはどんなところ?

まずは自信のない自分を知ることから始めましょう!
あなたが、自分に自信がないポイントはどこでしょうか?
顔や体型など、自分の容姿に自信がない人。
性格や自分の心に自信を持てない人。
コンプレックスの形は様々だと思います。

まずは自分の中にあるコンプレックスを書き出してみて、自分の弱さと、変わりたい部分をしっかり明確に持つことが大切です。

漠然と自分に自信が持てないままだと、そこから変わるきっかけを失ってしまいます。
自分を知り、なぜ気持ちが前向きにならないのか、まずは自分で自分の状況を理解して行きましょう。

自信がない部分に対する対処法を、おおまかに外見と内面で分けて下の記事にて紹介します!

外見に対してコンプレックスがある人

外見に不安がある人は、その自分の”嫌だな”と思う箇所を好きになれる工夫をしてみましょう。

例えば目が一重で自信がないという場合は、アイプチをする、メイクで目をぱっちりにできるように工夫してみること!
そうやって弱点を克服したりカバーしていくことで、共に自信が養われていきます。

自分もやればできる!という確信が生まれ、実際に変化して行く自分を見たときに、嬉しさが自信に変化していくのです。

まわりはそうやって美しくなるあなたというよりは、”努力をしている、生き生きとした”あなたの姿に、魅力を感じるでしょう。

内面的な性格にコンプレックスがある人

落ち込みやすい、素直になれない、怒りっぽい、など、自分の性格が嫌い!という人も多いはず。

性格は外見のように、一瞬で直したり、うまく取り繕うことが難しい部分ですね。
そのため、内面的なコンプレックスは、直すというより「他でカバーする」という意識を持つ方が良いようです。
自分で性格が悪いな、と自覚するところがあれば、それを直すのではなく、他で補うこと!

例えば、怒りっぽい人は、怒ってしまった分、ゆとりがあるときはその分優しくしてあげる。
すぐ落ち込んでしまう人は、落ち込んだときに自分を責めるのではなく、誰かに慰めてもらったり甘えた分、今度は自分が相手の話を聞いてあげればいい!
人間はみんな完璧ではありません。

こうやって足りないところを補い合って生きていく意識が自信と勇気になるでしょう。

人はあなたの欠点を、そこまで気にしていないものです

特に身長などのコンプレックスは、ないものねだりをしている場合がほとんどです。
小さい人は高身長に憧れるし、背の高い人は小さくて可愛らいい姿に憧れる。
あなたにとって欠点でも、他の人にとってはさほど問題ではないということです。

堂々と振舞って、そのコンプレックスを気にせず明るく振舞っていた方がまわりからはかっこよく見えます!
どう見られているかを気にするなら、まわりから見て自分が「どんな人物でありたいか」、その気持ちを大切に、なりたい自分に近づく努力をしてみましょう。

好きな人に近づくために

実際に綺麗かどうか、かわいいかどうかはさほど問題ではありません!
上でも書いたように、なりたい自分に向かって努力し、輝く人が、本当に『魅力的な人』なのです!

だから、好きな人に対しても、
「話しかけたら迷惑かも…」ではなく、
「話しかけて元気にしてあげたい!」
という、前に進む視点を持ちましょう!

その心と前向きな明るさが、恋の進展を手助けしてくれるでしょう。

(あやか/ハウコレ)
(新部 宏美/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事