2015.04.20

【星座別性格分析】牡牛座の魅力とは?


 牡牛座のバースデーシーズンに入りました。牡牛座の皆さま、お誕生日おめでとうございます!
 今回は、「牡牛座の魅力」についてご紹介します。牡牛座のご自身のことはもちろんですが、大好きなあの人やご友人、ご家族など、身近にいる牡牛座さんを思い浮かべてご覧いただければと思います。普段の行動や発言に隠された秘密を知って誤解や勘違いをなくし、牡牛座さんともっと仲良くなりましょう! 誤解を受けやすい点を知ることで、牡牛座さんご自身の人間関係をもっとスムーズにできるかもしれません。ステキな牡牛座ライフを楽しんでくださいね♪

牡牛座の世界観

 牡牛座が司るのは「安心と安全」です。どうなってしまうのかがわからないという不安を受け入れるのが苦手で、今のままでいることを望むでしょう。危険を冒すことが苦手で、人との争いからも目を背けようとします。文句を言われてもだんまりで通せるのは、平和を乱したくない牡牛座の我慢強さがあるからです。持っていると安心するものを手放したくない牡牛座は、しばしば、物欲と執着心に結び付けられます。

優れた感覚機能ですべてを感じとる

 文明社会で便利な生活を送るわたしたち人間は、野性を捨てた存在です。けれど牡牛座は、そんな人間の一種でありながらも、12星座中No.1の優れた五感を持っています。食べ物の好みや、肌触り、匂いや耳心地に敏感なことが、この事実を証明しているでしょう。我がままな頑固者と思われてしまうこともありそうですが、審美眼を持つ人であれば、牡牛座の行動の意味を理解して納得できるはず。
 不安を抱えた状況に弱い牡牛座は、安全で確実性の高い道を選びがち。けれど、実はそんなことよりも、自身が身体で感じたことを目安に行動することが成功への鍵になるはずです。

アナクロな積み重ねの強さ

 どんな状況に身を置いていても、基本的には自らの小さな積み重ねでなんとかしていこうとするアナクロなタイプで、新しいものを取り入れることは苦手。新しいことに目を向けられるところまで成熟するには、かなりの時間を要するでしょう。自分の好みで統一したお城や環境の変化は、牡牛座の宝物を奪うことになりかねません。築いてきた現状を手放すことは、今の満足を失う恐れにつながるでしょう。牡牛座が何かにつけて守りに徹しようとするのは当然のことなのかもしれません。
 恋に対する臆病さにも、こうした特質が影響しています。好きになるまでにも、愛を育んでいくにも、かなりの時間を必要とするのです。牡牛座がのんびり屋でマイペースといわれる所以でしょう。

牡牛座の魅力

 温厚で我慢強い牡牛座には、大切なものを守り抜く力が備わっています。欲しいものを手に入れて、それを実際に維持していくためには、それなりの困難やハンディキャップを抱えなくてはいけません。守りたいものがある幸せは、同時に、守りたいものを持つ弱みを抱えることになるからです。
 こうした生き方は、牡牛座だからこそできる忍耐の賜物。頑張り抜こうとする一途なまでの誠実さは、牡牛座の財産です。

おわりに

 「牡牛座の魅力」はいかがでしたか? 保守的な要素も、人間が生きるために欠かせないものでしょう。とはいえ、進化していく必要もあるのが現実です。シリーズの8回目では、「双子座の魅力」をご紹介する予定です。お楽しみに!

(LUA/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事