2015.04.21

さりげないマナーが大切!男性が「この子性格いいな」と思う女性の行動・4選


出会いの季節には男性の好感度を積極的に稼ぎたいところです。
とはいえ露骨にアピールすると引かれる恐れもあるので、モテテクを多用するのもちょっとキケン。

些細なところで好感度をアップするのが大切です。
そこで、今回はさりげないアクションで性格のよさをアピールする方法を紹介いたしましょう。

1.落ちてるゴミをくずかごに捨てる

「こないだ、知らない子が廊下に落ちてたゴミを近くのくずかごに入れてたんです。
落ちてるゴミって基本みんな無視するじゃないですか。だから俺けっこう感動したんですよ」(20代/大学生)

とてもさりげない行動なのに、なぜかものすごくいい人に見える善良行為! 
落ちてるゴミって「自分には関係ないし~」といった感じでスルーしがちだからこそ、性格のよさをナチュラルにアピールできるのです。

ゴミを見つけたらポイントアップのチャンスと思って、くずかごにポイです! 見られていようがいまいが、です!!

2.食事後に机を拭く

「学食で飯食べてたとき、女の子が3人でお昼食べてたんです。食べ終えてトレイを戻すとき、一人だけお手拭でその子達が使った机をさりげなく拭いてたんですよ。
ほかの子は全然気にしてなかったんですけど、その子の印象だけかなりよかったですね」(10代/大学生)

自分の後に使う人のことを考える姿勢は、思いやりのある人に見えて、好感度高いみたいですよ。

それに、家庭をもったときのいい奥さん像にも結び付くみたいですから、かなりのポイントを期待できます。
お菓子をちょっと食べただけでも、使った机を軽く拭くクセをつけましょう!

3.靴を並べる

「飲み会で女の子が靴をそろえてたのがよかったですね。
その子、自分の分だけじゃなくて、散らかってる靴を全部キレイに並べてくれてたんです」(30代/営業)

散らかっているのに気付いて率先して整理すれば育ちもよさそうで上品な印象もあるとのこと。

たしかに細やかなところで育ちの良し悪しって出ますから、散らかってる靴を見たらそっと直してアピールです!

4.残さずに食べる

「前に食事に行った女性が『残したくないから、少なめに頼んでもいい?』って言ったんです。
あの一言はよかったですね。食べ物を粗末にしない人なんだなって感心しました」(20代/広告)

食べ物を大切にしている人っていいですよね。感謝の気持ちが感じられます。

逆に、「私これ苦手~」「太るから食べられない~」なんて言って平気で残していると食べ物のありがたみを感じず、自分のことばっかり考える自己中な女性だと思われることも…

食事の前に、あらかじめ食べる量やメニューについて相談をしてみましょう。食べ物は大切に!

おわりに

自分のことばかりに目を向けるのではなく、周囲に対して気を配るのがとても大切です。

「私には無関係だし~」ではなく、「私にできることあるかな」と視野を広くもっていれば、おのずと性格のよさは周りに伝わりますよ。

男性が見ているところだけじゃなくて、常に周りに対する気配りを心がけていきましょう!

(大西 薫/ハウコレ)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事