2015.04.26

対人運&外出運がUPする!「靴箱」風水



外出時には欠かせない「靴」。毎日履いて出かける靴を収納する役割を持つ靴箱は、他者との関係性や外出などに関わる運気を司っています。今回はそんな靴箱の風水についてのお話です。

1. 靴は出したままにしない

まず、玄関を見てみましょう。出しっぱなしで履いていない靴はありませんか。放置された靴は玄関の気が滞る原因になります。玄関の気が滞ると家全体の気の乱れにつながるので要注意。乾かす以外の目的で玄関に並んでいる靴は、必ず靴箱にしまうよう心がけましょう。仕舞う時には泥や汚れを落とすのも忘れずに。

2. 靴箱風水の肝は消臭

靴箱の風水で何よりも大切なのは臭いの管理。家族が多いほど、靴についた臭いで靴箱そのものが臭くなってしまいがちです。きちんとした消臭剤を置いたり、木炭を四隅に置いたりして、臭いを打ち消しましょう。臭い靴をそのまま仕舞うのは当然禁物です。特にブーツなど臭いがこもりやすいものは、しっかりと乾燥させて臭わないか確認して。どうしても臭う靴はきちんと洗うこと。消臭効果のあるシューキーパーなどを利用するのも良いでしょう。

3. 靴の入れ替えを意識する

夏場と冬場では使う靴の頻度が変わります。それぞれの季節に合わせて、よく使う靴を手前の取り出しやすいところに、その時期に使わない靴は奥に入れましょう。特に雪の降る地域にお住まいの方は、降雪時以外使わない靴は雪解けと共に片付けてください。季節に合わせた靴箱の配置を意識することで、気の流れが活発になります。気の流れが活発になった靴箱に入れた靴を履くことは、外出時の運気アップにつながってきます。

4. 履かない靴を入れたままにしない

もう何年も履いていないような靴が入ったままになっているのであれば、靴箱から出して処分してしまいましょう。その靴に対して思い入れがあったり、どうしても捨てたくなかったりするものであれば、紙製の箱に入れて物置や押入など他の場所で保管しておきましょう。靴箱に入れるのは履くための靴だけにしてください。

おわりに

靴箱は外出時の足を守る靴を入れるための大切な場所です。おざなりに仕舞わずに、どの靴もいつでも履けるような状態で入れておくことが、対人運や旅行運など「外」に関する運気を高めるカギになります。汚れた靴はキレイにして、いらない靴は処分して、誰に見せても恥ずかしくないような靴箱にしてみましょう。

(桜田ケイ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事