2015.04.24

「重い女」になってない?彼氏依存から脱却する方法・4ステップ


こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田真也です。

・彼から連絡がないと不安になる
・彼と会っていないときの行動が気になる
・彼と一緒にいてもいつか幸せが壊れてしまうのではないかと不安

など。このような傾向があるとしたら、あなたは「彼氏依存」かもしれません。

彼氏依存になると、なんでも自分で決められない、彼がいないと生きていけないといった、いわゆる「重い女」になってしまいます。そして、それが関係悪化にもつながります。

そんなあなたに、今回は脱彼氏依存で幸せな恋愛をするためのコツをお伝えします。

1.趣味や目標を持つ

シンプルですが、趣味や目標を持って自分の注意を他に向けることが大切です。人は意識しないようにすればするほどそれを意識してしまいます。

例えば、「黒いブタに羽が生えて、ビルの上を飛びながらブーブー叫んでいる様子をイメージしないでください」と言われたらしてしまいませんか(笑)?

同じように「彼のことを考えない」といっても考えてしまうものです。
しかし、人は同時に何かを考えることを困難に感じるもの。なので、趣味や目標に向かって頑張っているときは自然と彼のことが頭から離れるのです。

2.暇な時間を減らす

彼のことばかり考える・・・。これは、言ってしまえば「暇だから」です。

考える暇な時間があるからついつい考えてしまい、彼に連絡をとってしまうのです。
だから、意図的に暇な時間を減らす必要があります。例えば、仕事やバイトを入れたり、友達との約束を増やす。

何かの資格試験を受けてみて勉強しなきゃいけない状況にもっていく、などなど。そうやって暇な時間を充実した時間に変えていくことです。

3.自信を持つ

彼氏依存の女性の特徴として「自分に自信がない」傾向があります。自分に自信がないから彼という存在で自分を補おうとするのです。

自信を身につける方法はいろいろありますが、オススメなのが朝起きたら鏡の前に立って「私は大丈夫」と毎日30回以上いいましょう。

毎日続けていると脳が他人から「大丈夫」といわれている錯覚を起こします。それを続けることで本当に大丈夫な気持ちになってきて自信がついてくるんですね。

4.1~3を実践した上で彼との接触頻度を減らす

最後に1~3をしっかり実践した上で、彼との接触頻度を減らしましょう。会ってはいけないというわけではありません。
減らすということです。例えば1日に3回連絡をとっているなら、1回にしましょう。毎日会っているのであれば3日に1回にしましょう。

1~3を実践していれば比較的やりやすいと思いますが、無理のない範囲にしてください。

彼氏依存の原因として、「彼と接触することがクセ」になっていることがあります。そのクセを和らげるためにも接触頻度を減らしましょう。

おわりに

このように4つのポイントをヒントに実践してください。
すぐに彼氏依存から抜けることができるわけではありませんが、実践していれば少しずつ彼氏依存から脱することができます。参考にしてくださいね。

(木田真也/ハウコレ)
(横田 彩夏/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事