2015.04.27

カレはどう?彼女に対して「好き」より「ヤリたい」が強い男子のエッチの特徴


男子が、「彼女とは絶対にエッチがしたい!」って思う生き物なのは知ってます。
だけど、あまりにも「したい!」って気持ちがメインで、「好き」な気持ちが脇役程度だと困ってしまいますよね。
せめて2つの気持ちが同じくらいか「好き」が勝ってるとかじゃないとやってられません。

今回は、男性経験豊富で恋愛を語らせたらプロな元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「彼女に対して『好き』より『ヤリたい!』が強い男子のエッチの特徴」について聞いてみました。
みなさんのカレは、大丈夫?

1.無言

「一番危険なのは、とにかく終始無言な男子のセックス。とにかく自分の快楽を追い求めることメインで、相手のことを考えていない証拠ですね」

じっさい男子からすると、エッチをしながら彼女に話しかけるのって、集中力が途切れるので意識しないと難しいんだそうです。

でも、愛する彼女だからこそ、そうしてまできちんと「痛くない?」とか聞いてくるわけで。これがないと、カレは自分だけの世界の中かも。

2.体位が自分本位

「次の体位を決めるときに、彼女と話して決めるか、カレがひとりで決めるかは重要なポイント。これも1と同じように、どれだけ彼女に対して配慮ができるかの問題なんです」

たしかにそりゃ、男子としても本当は自分がとにかく気持ちのいい体位をしたいと思うのが本音。

だけど彼女って相手がいる以上は、彼女が嫌いだったり、疲れやすかったりする体位じゃないかどうか、きちんと話し合って決めるのが「好き」のあらわれです。

3.前戯超短

「とにかく、挿れられる程度に最低限の前戯だけする男子。これはとにかく、したいだけ。彼女の気持ちよさとかムードとか無視です」

さすがに前戯一切ゼロは問題外としても、「よし濡れたね、挿れよう!」みたいなのは前戯とは言えません。

それはただの「準備」。彼女が「もう挿れて」って思うまで、頑張ってほしいです。

4.後戯なし

「イッたあとは、一番男子の素が出ます。なにしろ性欲が消し飛ぶわけなので、ここで『好き』がないと、当然冷たくもなりますね」

自分に対するカレの気持ちを純粋にはかれるのは、もしかしたらエッチの直後かもしれません。

ここできちんと優しく身体をなでてくれたり、話しかけてくれたりすると、本当にあなたのことが好きな証拠でしょう。

5.キス少ない

「男子の愛情の深さは、ピストンの速さやテクニックじゃありません。キスではかりましょう。下半身は、性欲。上半身は、愛情」

みなさんのカレは、エッチのときにたくさんキスをしてくれてますか?
話しかけるだとか、キスをするとか、エッチのときには下よりも上に注目しましょう。

おわりに

どうでしたか?今度からカレとエッチをするときには、どれだけ気持ちよくしてくれるかじゃなくて、どれだけ愛してくれているかをはかりましょう。
そのためには、これらの5つのポイントが重要です。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事