2015.04.27

初対面のカギは「ピュア」!男慣れしてない風モテテク・5つ


恋愛経験が豊富な女性は男性に対して積極的にアプローチできますよね。
しかし、あまりにも男性慣れしている雰囲気だと「男の転がし方を熟知していそう」「裏表が激しそう」なんて思われて距離を置かれる可能性も…

そのため、初対面の男性を相手にするには、男慣れをしていなさそうな、純粋でうぶそうな感じを適度に演出したほうが得策です。
今回は、男性が『男慣れしていなくて好印象』と感じる女性の特徴を紹介いたしましょう。

1.まずは敬語で話す

「恐い物見たさでイベサー行ったら、初対面なのにタメ口でガンガン話してくる子ばっかりでした。
だから、敬語で落ち着いて話してくれる子に会ったときは、なんか安心したんです。周りは『基本ノリ』って感じでしたから」(10代/大学生)

はじめからフレンドリーに話せば友達になりやすい反面、その勢いに引いてしまう人も多いもの。初対面では丁寧語で話したほうが、常識があって落ち着いた印象に。
ちゃんとした関係を築けそうな安心感につながるようですね。

2.下ネタ苦手な感じ

「下ネタ平気って子が友達に多いから、合コンで知り合ったウブっぽい子は新鮮でした。
いつものノリで下ネタ言っちゃったらその子すげー困惑しちゃって…なんか大事にしなきゃって気になったんですよ」(20代/IT)

下ネタにガンガン反応する女性は面白いと思われるゆえに、友達止まりに陥りがち。

逆に、下ネタに慣れていない感じを出せば、純粋さやおしとやかな雰囲気が漂うため、女性として意識させやすいようです。

ただし、完全に嫌悪して拒否姿勢を出すとやり過ぎなので、困る程度に留めるのがウケよさげ!

3.目が合うと少し逸らす

「友達の集まりで初めて会った子と喋ってたら、目が合うたび一瞬そらされてたんですよ。
けど、なんとか僕の目を見ようとしてる感じが伝わってきて、すげー可愛かった(笑)」(20代/大学院生)

これは『がんばって合わせようとする』ところにポイントあり!

完全に逸らすと「嫌われてる…?」と思われてしまいますし、平然と合わせてると「男性慣れしてそう」「異性としての意識をされてなさそう」と思われがち。

その中間を狙ってのジャストな仕草ってことです!!

4.押しに弱そうな素振り

「僕ってけっこう気になった子にガンガンアプローチするんですけど、こっちが押したらちょっと戸惑う子に燃えるんですよね。
なんか押しに不慣れっぽいとかわいく見えるんです」(20代/公務員)

押されたときに恥ずかしがると、不慣れさを感じて攻め落としたくなる欲求に駆られるようです。

押しを拒否するのではなく、「どう返事すればいいか分かんないよ~」と戸惑いつつ決してイヤがってないオーラを出してみましょう。
男性に「イケそう!」と思わせて釣り上げるのです!

5.褒めると恥ずかしがる

「何気なく女の子の髪型を褒めたとき、顔赤くして恥ずかしそうにされたことがあるんですが、いまだにその表情が頭から離れないんですよ(笑)」(10代/大学生)

女性が照れるぐらい喜ぶ姿を見ると、男性は大いに満足感を得られるようです。「よっしゃ言ってよかった!!」って感じですね。

もしカンタンに褒め言葉を受け取ると、褒められ慣れてる感じ、ひいては男性慣れしているように見えがち。

褒められて恥ずかしがる姿は、「褒められ慣れてない、男性慣れしていない」という純粋な印象につながります!

おわりに

男性に不慣れな感じを適度に出せば、男心をくすぐる純粋さやウブさを表現できます。
慣れ倒してる感じを出すのではなく、ピュアっぷりをアピールしてモテちゃいましょう!

(大西 薫/ハウコレ)
(下薗 なおこ/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事