2015.04.29

彼もそこが感じるんです!舐められると悶えちゃうアソコ以外のアソコ5選


なかなか感覚が掴みづらいものだからか、雑誌の特集やネットでも、フェラのテクニックなどはよく見られると聞きます。

しかし、「舐める」といってもアソコだけが男子の性感帯ではありません。もしかして、そういう他のパーツのほうがカンタンに彼を感じさせることができるかもしれません。

今回は、男子はどこを舐められると悶えてしまうのか、についてお届けしたいと思います。
さっそく見ていきましょう!

1.乳首

「もう乳首はめちゃめちゃ感じます」(24歳/建築)

エッチなコラムがたくさんネット上に出てきたからか、乳首は男子も性感帯、というのが常識のようになりました。

あなたがしてもらっているように、彼の乳首もああやったりこうやったりしてあげると、彼、超悦ぶかもしれません。

2.お尻のほっぺ

「お尻のほっぺを舐めてくれると、なぜかすごく感じます」(27歳・IT)

お尻のほっぺを押して痛い場合は、骨盤がねじれているのではないか、という整体師の意見があります。

いろんな神経が集まっているのがお尻のほっぺなのか、舐めてあげると悶えるのは、おそらく男女ともに……ということではないでしょうか。

3.お腹~おへそ

「ぼくはお腹とかおへそを舐められるとピクピクしちゃいます」(25歳/飲食)

メンズエステのエステティシャンによると、お腹をマッサージしているうちに、お客さんのアソコが元気になってくることがあるそうです。
お腹も男子の性感帯ってことなのでしょう。

4.指

「ときどき、エッチの最中に彼女がぼくの指を舐めてきます。
あれ、超感じるんですよね。彼女の指を舐めてあげても、彼女、超感じていました」(26歳/建築)

一般の映画でエロティックな演出をしたいときに、カップルで指を舐めるシーンが出てくることがありますが、指って男女ともに性感帯なのかもしれません。
おそらく、視覚的にも来るものがあるんでしょうね。

5.アナル

「定番かと思いますが、アナルを舐めてもらったら悶えます」(25歳/エンジニア)

初心者には、触るのも触られるのもなかなかハードルが高く感じるかもしれません。

まずはソフトタッチに攻めつつ、お互いにひとつひとつのハードルをクリアしていくのがよいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
普段あまり触られることのないパーツを舐めてあげると感じるのではないか、ということが言えると思います。

お尻のほっぺとか、指とか、そういう、普段から酷使しているわりにあまり日の目を見ていないパーツ。

いろいろと舐めてあげると、彼も知恵がついて舐めてくれたりして、ますますラブラブエッチになりそうです。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事