2010.12.21

部屋が汚い女子を見抜く方法

部屋が汚くても、かわいらしくて優しい女の子はたくさんいるので、悪いことばかりではないのですが、特に好きな女性の部屋が汚いのは結構ショックかもしれません。ということで、これまでの筆者の経験から、「こんな女性は部屋が汚そうだぞ」という見抜き方をまとめてみました。

 

女子の方は怒らず、笑って読んでいただければ幸いです。

 

 

財布がパンパンになっている

まず、財布にレシートがいっぱい、小銭がいっぱいでパンパンになっている場合です。お金の管理がしっかりと出来ていなさそうというイメージで、部屋の管理もずさんかもと思えてしまいます。

きれい好きの女性は、レシートをため込む可能性は低いですし、より几帳面な子は「家計簿」を付けることもあります。

ハンカチを持っていない

最近のトイレは,洗った手を乾燥させる機械が備えてありますが、中には、「濡れた手で髪を触れば拭ける」と、ハンカチを持たない女子もいるそうです。洗濯が面倒だからとか、忘れたからということであれば、少しズボラと言えるかもしれません。 

また、男性と一緒にいる際、何かあった時にさっとハンカチやティッシュが差し出せる女子は、やはり男性から見て好印象だと言われます。そのためにも、持ち歩いてほしいアイテムです。

服はおしゃれなのに、靴に気合が入っていない

服はオシャレで素敵でも、なぜか足元は気にしないという人がいます。革靴がなんだかくすんでいる、スニーカーがぐったりしている…など。

靴なんて視線を下げなければ見えない部分だし、と見えにくい部分に気を配らないことが、部屋も汚そうだというイメージに繋がります。

ですが、「おしゃれは足元から」と言われるように、気を配っている人ほど、他人の服よりも足元をチェックしているようです。そのため、靴に清潔感のある女性は、高ポイントでしょう。

髪の毛がプリンになっている

カラーリングをしていて、毛先が明るい色なのに、髪の生え際が黒いと、色の差が激しいほど、汚く感じることがあります。それが、「汚くても、放ったらかし」というイメージとなり、部屋も管理もできていないんじゃないかと思わせます。

前述の靴もそうですが、意外と頭の先と足元が清潔感を表すのに大事な部分なのかもしれません。

人生に悩んでいると部屋も散らかってくる

「ダンサーになりたい」と言って、ダンスを習っていたのに、急に「看護婦になりたい」と言って、看護学校の資料を取り寄せていたり…、「将来どうしたらいいか分からない」など、一人暮らしの若者に多いパターンですが、心に悩みを抱えている状態です。

もちろん好奇心が旺盛だったり、自分に付いて真剣に考えることはいいのですが、いろいろ手を出しすぎて収拾がつかなくなっているパターンもあります。こういった人の家は、悩みに比例して、部屋の物が多く、散らかっている可能性が高いようです。

おわりに

いかがでしたか?部屋が汚くたって、男女関係なら愛があれば問題ありません。でも、男性に限らず、誰か家に招待した時に「意外と綺麗にしてるね」なんて言われると嬉しいものです。

もし男性が女性の家に行って汚いと思ったら、カップルで一緒に掃除するぐらいの気持ちが大切ですよ。

関連記事