2015.05.01

そこかーい!突っ込みたくなってしまう「男子が大成功と感じるエッチ」とは?


男子はエッチに対してとても真剣です。
女子としては、単純に愛を感じたいだけだけど、男子は必ずなにか目標を持ってひとつひとつのエッチに臨んでます。

みなさんが愛を確かめながら、カレはそのノルマを達成できればお互い満足のいくエッチになりますね。

そこで今回は、20代男子30人に「大成功と感じるエッチ」について聞いてみました。
まるでスポーツみたいな熱血っぷりをご覧ください。

1.一瞬もキョドらなかった

「彼女をベッドに寝かし、服を脱がし、下着を取り、前戯をし、ゴムをつけ、挿入してイクまでで一度も『あれ、あれ、ちょっとまってね』てなることがなくスムーズにできたとき」(タイピスト/25才)

男子が詰まりやすい難所と感じてるのが、複雑な構造になってる女子の服を脱がすとき、あとはブラを手慣れた感じでサッと取るとき、あとはコンドームをノーミスでつけるとき、彼女に「痛い」と思わせないように挿れること、だそうです……。
いろいろ気を遣ってますね。

2.イカせた

「彼女がイッたり、イカなかったりする子の場合にはやっぱりイカせられたかが重要だよね」(大学生/20才)

ほぼイカないとか、逆にほぼイクとかの場合はあんまり関係ないみたいですけど、五分五分くらいだと男子はこだわってしまうんでしょうね。

イカせられなかった日の帰りには「今日はどうしてダメだったんだろう……」と一人反省会でもするんでしょうか(笑)?

3.長くできた

「たまに早漏になるときがある。それはその日の体調やテンション、最後のオナニーからどれくらい時間が経ってるかにもよるんだけど、長くできたら嬉しい。
男子はさりげなく、開始時間と終了時間を腕時計とかで確認してる人多い」(アパレル/27才)

あんまり早すぎるとあれなので、これは多少は頑張ってくれると嬉しいですね。
男子のなかには、オナニー直後だとイキにくいということで、わざわざデート中にトイレで一回オナニーをしたりする人もいるみたいですよ。

4.新しい体位に挑戦できた

「格闘技で言うとさ、新たな体位を手に入れるって、一個新技を習得するようなもの。自分が強くなっているのを実感できて嬉しい」(営業/25才)

いかにも男子らしいですね……。
男子的には、いくら彼女がそれで満足でも正常位とバックしかできないというのは悔しいみたいですね。いったいなんのためなんでしょうか。

5.2回戦にいけた

「一晩で彼女を2回も抱けた。これは男としての自信につながる」(スポーツ店/24才)

彼女の元気もあるけど、男子が頑張れるかどうかが2回戦目にいけるかどうかの肝ですよね。

たしかに2回戦目はちょっとひと味違って楽しいし、これは私も男子をホメたいですね(笑)。

おわりに

どうでしたか?女子と違って、男子は必ずイキます。だからこそ、イク以上のなにかがないと満足できないのかもしれませんね。

みなさんもカレに、イク+アルファを与えられるようにお手伝い出来る部分は協力してあげましょう。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事