2015.05.03

美容の大敵!「ストレス」を減らせる食べ物があるって本当?


疲れがなかなかとれなかったり、よく眠れなかったりすると、ストレスが溜まっていってしまいますよね。そんな時は、普段から食べる物に気をつけてみましょう!
ストレスを軽減してくれる食べ物には、どんなものがあるのでしょうか。ここでは、家に常備しておきたいもの、簡単に食べられるものをご紹介します。

幸福感をもたらす「ダークチョコレート」

バッグやデスクの引き出しに簡単に常備できる、チョコレート。チョコレートをかじるだけで、ストレスが軽減されるといわれています。英国版「COSMOPOLITAN.COM」によれば、以下のように説明されています。

「チョコレートは、脳にエンドルフィンと言われる、気分を良くする物質を放ってくれます。また、血圧を下げてくれる役割もあります」

チョコレートには、脳内に幸福感を与える役割があるのです。チョコレートを選ぶ際には、カカオ成分が70%以上入っているダークチョコレートであるかどうか確認するのを忘れずに。

記憶力をサポートする「ゆで卵」

卵の黄身には、記憶力を支える栄養素「コリン」がたくさん詰まっていると言われています。また、注意力を改善する「チロシン」をも含んでおり、仕事や勉強で忘れ物をするなどのミスを防いでくれます。そのため、「大事な試験や仕事でのプレゼンをの前に、忘れ物をしてしまった!」などといった余計なストレスを予防することができるのです。
殻を向かないと食べられないゆで卵は、朝食に一個食べるのが理想的です。時間がない人は、日曜日に一週間分ゆでておくという方法もあります。

ストレスをコントロールできる「キオナ」

プロテインや食物繊維を多く含む、キオナ。ヘルシーフードとして、いろいろな料理と和えて使えるため、重宝されています。また、キオナの栄養価はそれだけでなく、血管を弛緩させる「マグネシウム」も豊富に含まれています。血管が弛緩されると、「血糖値のバランスがよくなり、神経の伝達がスムーズになる」ため、ストレス負荷や、「ストレスホルモン」ともいわれるホルモン「コルチゾール」のレベルをコントロールすることができるようになるのです。

リラックス効果をもたらす「ローチーズ」

職場や学校で、精神的にも体力的にもヘトヘトに疲れ果て、ストレスを感じてしまったら…。わたしたちの神経システムも、エネルギーが枯渇したような状態になり、機能が低下してしまうと言われています。
そんな時は、スライスしたローチーズがおすすめなのだそう。ちなみにローチーズとは、動物の乳を使用せず、ナッツやアーモンドを発酵して作ったチーズのことです。
「チーズに含まれているカルシウムは、神経の働きを改善し、リラックス効果をもたらしてくれます。」
と「COSMOPOLITAN.COM」でも説明されているように、チーズを食べることで、ストレスからくる不安が緩和されます。その際、ローチーズだけでなく、ブロッコリーやチンゲン菜など、食物繊維が豊富な野菜にかけて食べることで、栄養分の消化・吸収を促すことができます。
例えば、野菜にローチーズをのせ、電子レンジで30秒温めれば、とろけたチーズの食感とともに野菜を美味しくいただくことができます。

おわりに

ストレスを感じると、私たちの神経システムは正常に働きにくくなってしまいます。上でご紹介したような食べ物をひとつ取り入れるだけでも、ストレスの緩和に役立ちそうです。

<参考>

(Mao/ハウコレ)

関連記事