2015.05.04

ミニスカートを履くための太ももシェイプアップマッサージ&エクササイズ



暖かくなると、ミニスカートを履く機会も増えてきますね。
そこで気になるのが、足の「太さ」です。
部分痩せは難しいのですが、少しでも細く見せたいのが乙女心というもの。
今回は、下半身引き締めマッサージ法とエクササイズをご紹介します。

リンパの流れを促す

まず、お風呂でできる簡単リンパマッサージ法をご紹介します。

1 お風呂の椅子に座り、ボディーソープを泡立てて全身につけます。
2 足首を両手でつかみ、クルクルと軽くしごきましょう。力を入れずクルクル回します。
3 足首から腿の付け根(鼠径部)に向かって手の平を滑らせます。
4 手の平を上下に動かし、鼠径部(ここに大きなリンパ節があります)を数回軽く刺激します。
5 手を腰の外側へと移動し、腰から腿の外側を滑らせて、足首外側まで滑らせます。

この動作を10回繰り返します。

さらに、膝裏にもリンパ節がありますから、膝裏もマッサージしましょう。
1 膝の表を両手でくるみ、10回クルクルとマッサージします。(美しい膝を作ります)
2 膝裏を擦るように、片足ずつ10回刺激します。

最後に、立った状態で行うマッサージをします。
1 腿裏からお尻に向かって手のひらを滑らせて10回マッサージ
2 お尻の一番下の部分をお尻の穴から腰骨に向かって10回マッサージ
これら一連の流れを毎日おこないましょう。

ポイントは絶対に力を入れないことです。
リンパ管は表皮の浅いところを通っているので、力を入れなくても流れを促すことができます。そして力をいれてしまうと、返って効果が半減してしまいます。


このマッサージは某「下半身痩せエステ」で、セルフ・ケアとして指導している方法です。この時、ボディブラシを使うとさらに効果的です。
身体を大きく使うのでお風呂内でのエクササイズにもなりますね。

内腿エクササイズ

両足を閉じて立った時、腿の間に隙間があった方が美しいですよね。
そこで、たるんだ内腿を引き締めるエクササイズをご紹介します。

1 体育座りをして両膝を開きます。
2 足首を持ち、ひじ下を膝の骨の位置にあてます。
3 息を吸いながら膝を閉じます。逆にひじは膝を押して開こうとしてみます。
内腿の筋肉は膝を閉じる時に使われますから、肘で閉じる動作を阻止することで負荷がかかり、鍛えることができます。
ひじのぶつかる部分が痛いようでしたら、クッションなどを挟みましょう。

内腿の筋肉群は、インサイドでボールを蹴りだす時に使われます。
ですからつま先を外側に向け、ボールを蹴る動作をすると内腿を鍛えることができます。一人エアーサッカーしてみましょう。

最後に

簡単なエクササイズやマッサージの積み重ねが、1年後、5年後、10年後の綺麗を作ります。
月1回エステよりも、毎日のセルフケアが大事なのです。
小さな美人積立をしながら、若い今の美しさを維持したいですね。

(林田玲子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事