2015.05.04

「これは脈ありなのか……!?」男子が攻めるべきかどうか迷ってしまう瞬間・5選


こんにちは、ぽこひろです。
「おはよう、付き合って!」これくらい明々白々なサインを出してくれれば迷う男子はいませんが、なかなか女子からのOKサインが出ていても
「これは、このまま攻めてOKなの、かな?」
というようなギリギリのサインだと、男子としてはギリギリのところで躊躇してしまうことが多いです。

大変お手数をお掛けしてしまい申し訳ありませんが、そういうときには女子からの「もうひと押し」があると男子も大変やりやすい……。

そこで今回は20代男子30人に「アプローチすべきか迷ってしまう瞬間」について聞いてみました。

1.たまにLINEをくれる

「一週間に一回くらいLINEをくれる子が一番迷う。
どっちだよって感じ。好きなら毎日LINEくれよって感じだし、逆に好きでもないなら一切しないでほしい。中途半端」(大学生/22歳)

なかなかにワガママですが、この気持ちがわかる男子は少なくないはず。
極論、「付き合わせてくれないのなら友達にもならないで無視してほしい」と思う男子はじっさいにたくさんいます。

要は、困惑させないでくれと。好きなら、毎日LINEをしてあげないと男子は確信できませんね。

2.恋愛相談してくる

「恋バナをもちかけてこられると、結構迷うかもしれない。やっぱり恋愛関係の話は、そういう気があるのかないのかと色々と邪推してしまうな」(公務員/24歳)

単純に真面目な恋愛相談なのか、それとも「本当は君のことが……」的なパターンなのか、迷ってしまうということですね。

恋愛相談に見せかけた形の女子からのアプローチをするときには、割りと極端めに好意を示していくべきかもしれません。

3.目が合う

「1の人と似てるけど、目が合うのも男子が女子を意識する瞬間だから、もしも好きではないのなら、思わせぶりな態度は控えてほしい」(専門学生/20歳)

モテる女子は、こうやってたくさん色んな男子と目を合わせながら、ヒョイヒョイ釣っていくのかもしれませんね。

「確実にオレのこと好きでしょ」と思わせるには、一日最低5回、合計10秒間くらいは目を合わせるできでしょうか。

4.SNSで絡んでくる

「Facebookで必ずコメントくれたり、そういうのは『もしかして?』と思ってしまう。
だからって『俺の惚れてる』とまでは思えないから、微妙なところ」(営業/25歳)

これはさすがに、気がない可能性のほうが高めかもしれません。

が、継続的にやっていると「ちりつも」的なアレで脈ありっぽく思えてきてしまうのこともあるでしょうね。「いいね!」くらいだと、さすがにいくら連発しても大丈夫でしょうが。

5.誘うとOKしてくれる

「別に向こうからは誘ってこないけど、俺が映画とか飯とかに誘えば基本OKしてくれる関係性は一番攻めるべきか迷う」(塾講師/25歳)

これは絶妙ですねぇ。「誘えばOK。しかし誘ってはこない」というのはかなりギリギリで、迷う男子がほとんどかも。

一度くらいは誘ってあげると、一気に「脈あり」の確信に近づくでしょう。

おわりに

いかがでしたか?もしかしたら、こんなふうに結局男子が確信を持てないままにあなたのことを諦めてしまった男子がたくさんいたかもしれませんね。

これからは男子があなたのOKサインを見逃さないように、もう少しだけわかりやすい形で表現してあげてください。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)
(大倉 士門/モデル)

関連記事