2015.05.04

「合コンとかめんどくさい・・・」そんな女子にパーティがおすすめな理由4つ


「彼氏はほしいけど、合コンはめんどくさい!」そう思ったことはありませんか? 
合コンは出会いの手段の定番ですが、良い人に出会える率はそんなに高くありません。

「その場を楽しむ!良い出会いがあったらラッキー!」くらいのスタンスでいないと、せっかくの時間と体力を無駄にしたような気にさえなってしまいます。

今回は、そんな合コンに疲れた女子に「パーティ」がおすすめな理由を4つ紹介します。

1.大量に出会える

「合コンは、3対3とか、多くて5対5じゃないですか。私、あんまり惚れっぽくないので、その3人とか5人のうちに好みの人がいる可能性が低いんですよ。
でも、パーティだったら、規模にもよりますけど少なくとも10人以上はいるので、合コンより可能性が高い気がします」(27才/専門商社)

パーティのメリットは、一度にたくさんの人に出会えること。出会いの場に足を運ぶのも、ある程度の時間と体力を使うので、だんだん疲れてきてしまいがち。

出会いの効率を高めたいなら、単純に人数が多い方が、その確率は高まります。

2.一人でも行ける

「周りの女友達は彼氏持ちだったり、休みが合わなかったりして、そもそも合コンの機会があまりないんです。
パーティだったら一人でも行けますよ。最初は『一人だと気まずいかな』と思ったけど、意外と平気です」(21才/フリーター)

合コンを開いてくれる友達がいなかったり、予定が合わなかったりすることもありますよね。パーティなら、ネットで調べて一人で行けるのがメリット。

「合コンだと、相手は友達の友達だから、ちょっと気を遣う。一緒に行った女の子と気になる人がかぶって面倒なことになった経験もあるし…。
だから一人でパーティ行く方が気楽かな」(24才/広告)との声も。

3.つまらなかったら帰れる

「つまんなかったり、気になる人がいない合コンでも、とりあえず一次会はその場にいて話さないといけない、っていうのが苦痛。
でもパーティとかイベントだったら、たくさんの人がワイワイしてるから抜けてもOK。そもそも出入り自由のパーティも多いしね。
つまんなかったら帰れば良いし、いい感じの人がいればその人と抜けちゃえば良い」(25才/IT)

つまらなくても、一次会が予約してある2~3時間は、そのメンツと時を過ごさないといけない合コンと比べ、パーティならより自由度が高いです。

「なんだかこの場になじめないな」と思ったら帰ってしまえば良いだけのこと。
気になる人が見つかれば、パーティの途中でもその人と2件目に行くこともできるので、その日の夜を有効に使えます。

4.お目当てを選べる

「お目当てを探して、狙いを定めていけるのが良い。『あからさまに狙いに行ってる』って思われると恥ずかしいから、ちょっとしたクラブみたいな、音楽がうるさめでガヤガヤしてるパーティによく行きます。
そういうところだと、みんなそんなに周り見てないから気にしなくて良い」(23才/大学生)

自由にフロアを動いて、相手を選べるのがパーティのメリットの一つ。「かっこいい」「気になる」と思ったら、気軽に声をかければOK。

周りの目が気になる場合は、上記のように、雑多な雰囲気のパーティを選べば良いし、しっかりと真面目な雰囲気で話したい場合は、お酒をガンガン飲むのではなく交流をメインとしたパーティを選ぶなど、自分好みのシチュエーションに合わせてパーティを選ぶと良いでしょう。

おわりに

パーティというと、「チャラそう」「ハードル高そう」というイメージがある方も多いと思いますが、自由度の高さと気軽さは大きな魅力。

自分の趣味嗜好によって、コンセプトや雰囲気の合うパーティを選べば、更に出会いの確率は高まります。

「最近、合コンがめんどくさくなってきたなぁ」と思ったら、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事