2015.05.07

彼と一気に距離を縮めたいときに「使ってみたい」5つのテクニック


言うまでもなく、恋愛って駆け引きがものを言うこともあるので、今は彼と距離を置いたほうがいいとか、今、彼との距離を縮めたほうがいい、というときが出てきます。

今回は、恋愛上手な女子に、どうやって彼との距離を縮めたのかについてお話をお聞きしてきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.彼の趣味とおなじことをやる

「ウソでもいいので、彼の趣味とおなじことをやると距離は確実に縮まります。
サッカーが好きな彼であれば、自分もサッカーの観戦をすればいいんですよ!」(24歳/ネイリスト)

趣味の場って、距離を縮めることができる最高の場所ですもんね。彼が釣り好きなら、あなたも一緒に釣りに行くといいでしょう。

朝早起きして、彼の車で一緒に釣りに行く……距離が縮まりそうな感じがしますよね。詳しくなくても、「興味があるから教えて」と言ってしまえば大丈夫です。

2.ニックネームをつける

「彼との距離を縮めたいときは、思い切って彼にニックネームをつけて、ニックネームで呼ぶといいです。わりと親密な感じになりますよ」(23歳/アパレル販売)

苗字よりも下の名前、さらにニックネームといったところでしょうか。「彼と私だけの呼び方」なんかになれば、特別感が出てなおいいかもしれませんね。

もちろん、変な呼び方なんかしないように!

3.もたれかかる

「ボディタッチをすれば彼との距離は縮まる、というのは、もう定番だろうと思いますが、恥ずかしくてボディタッチができない女子もいるかと思います。
そういうひとは、タイミングを見て彼にもたれかかるといいです」(24歳/役員秘書)

ボディタッチって、するのに勇気が必要だったりしますよね。

押すとかもたれるとか、叩くとか、そういう基本動作をやっておくと、それがボディタッチなので、恐れずにチャレンジしてみては?

4.あえて無視する

「恋愛って、追えば逃げるし、逃げれば追うものなので、距離を縮めたい場合は、あえて彼のことを無視するという方法もあります。彼が追ってきます」(25歳/製造)

これは証言のとおりです。追えば逃げるし、逃げれば追ってきます。
広めの視野を持っていると、こういうのはゲーム感覚でしれっと使えるテクニックです。

広めの視野を持っておく、というのがポイントです。

5.強引に泊めてもらう

「最近の男子は、女子を家に泊めてもなにもしてこないとか言われていますが、やっぱり一緒に狭い部屋で寝ている、という事実って、男子にとったら大きいものです。
1回泊まってなにもなければ2回3回と泊まればいいんです」(25歳/損保)

草食系男子って「いい子」を演じるのがやたらうまい男子とも言えます。

男は太古から「したい」という本能がありますが、「女子に嫌われたくない」、つまり「いい子」でいたいので、草食系だと……ということは、何回も強引に彼の部屋に泊まることで、本能を蘇らせる(=距離が縮まる)、という、まことに正解的な証言ではないかと思います。

おわりに

いかがでしたか?
彼と一気に距離を縮めたいときは、彼の五感に訴え掛けるなにかをすればいいというのが、証言から読み取れるかと思います。

五感に訴え掛けるなにか……あなたもいろいろと考えてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事