2015.05.09

嫌いな人なんていない!?「気になる男子とのデートはお笑いライブ」4つの理由


こんにちは、ぽこひろです。
デートというと、ディナー、映画、ショッピングといったものがメジャーだと思いますが、お笑いや演劇など、そういうちょっとマイナーなものもすごくオススメです。

こういう「ライブ」的なものは、「同じ空間を共有する素晴らしさ」があるので、一緒に行った相手とは必ず仲を深められます。
なかでも今回は、みんな大好き「お笑い」に焦点を当ててみました。

彼女とお笑いライブに行くのにハマっているという20代男子10人に「デートはお笑いライブに行くべき理由」について聞いてみました。

1.笑うっていいね!

「お笑いライブは、当たり前だけど、基本ずっと笑ってる。一緒に笑うだけでさ、人って仲良くなるじゃん、不思議だね」(美容師/26歳)

楽しい時間を共有した相手のことは、自然と好きになっていきますよね。これは人間関係における常識です。

ならば、お笑いライブはもってこいです。絶対に絶対に、家でお笑いのDVDやテレビを見るよりも楽しいです。臨場感が違いますから。

2.頻繁にある

「小さめのお笑いライブなら、下北とか中野とかいけばほぼ毎週なにかしらがやってるから、一緒に通いつめればいいよ」(大学生/22歳)

付き合う前の段階は、いかに次のデートの約束にこぎつけるがが重要ですが、これならその心配はありません。

必ずライブのたびに、直近のいくつかのライブのチラシがもらえます。「今度これも行こうよ」と言えばいいだけですから。

3.映画館よりも狭い

「映画もいいと思う。暗いし、隣りに座るし。
でも、アマチュア芸人とかがお笑いライブするハコって狭いから、もう隣の人と触れ合ってる。だから絶対に仲良くなるよ!」(DJ/26歳)

ライブがだいたい1時間から1時間半とします。そうすると、この時間ずっとカレと超近距離でいるわけです。

小劇場なら、映画館のような肘掛けもありません。こんな環境、ほかにありませんよね?

4.2人しかわかりあえない趣味

「劇場とかでライブする芸人は、ぶっちゃけそこまで有名な人が少ないから、ほかの人はあんまり知らない芸人が多い。
そうすると、そういうコアな芸人の話をできるのは2人だけだから、趣味が合う唯一の友達という特別な地位につけるよね」(ゲーム業界/25歳)

いかに2人だけの共通項を作るかは、仲を深めるためには重要ですね。
そのために趣味が合う異性を探したりしますが、この場合、普通の趣味だとたいてい他にも趣味の話ができる異性ができてしまいます。

そこまで有名でないお笑いライブに行くというのは、その点でもグッドです。

おわりに

いかがでしたか?下北や中野、新宿などの小さな劇場では、今日もスターを夢見る芸人さんたちが、練りに練った珠玉のネタでみなさんをお出迎え中です。
いつでも気軽に、気になる男子と一緒に行ってみましょう。

ただし、ブレイク前の芸人さんは、出待ちのファンにめっちゃ手を出すというジンクスがあるので、一緒に行ったカレよりも、芸人さんの虜になってしまわないようにだけ気をつけてくださいね……。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事