2015.05.10

彼との関係をうまく進めていきたいなら「大切にしたい感情」とは?

恋愛を上手に進めていくために、欠かせない感情があるのはご存知ですか。
この感情を大切に出来るかどうかで、二人の未来がポジティブになるかネガティブになるかが決まるのです。

あなたは恋愛でどんな感情を大切にしていますか?今回はそんな恋愛における大切な感情について書いてみたいと思います。

1.わくわく感が恋愛の深さと長さを決める

恋が始まって、一番大切な感情、それは「わくわく感」です。これからどんなことをしよう、そして、どんなところへ行こう。
わくわく感は、恋愛におけるガソリンのようなもので、未来をポジティブな方向へ導いてくれるのです。

お互いが同じわくわく感を持てたときに、恋愛が上手く進みはじめます。そして、そのわくわく感が、恋愛の深さと長さを決めているのです。

あなたは、いまの恋愛にわくわく感を持っているでしょうか。持っている人は、その感情をぜひ大切にしてみてください。

2.毎日わくわくしている人はわずか数%

しかし、私たちは慣れる生き物。毎日わくわくしている人は、人口のわずか5%だとも言われています。
最初は彼にわくわくしていたのに、最近全然そう思わなくなってしまった。

そう感じている人もいるかもしれません。その感情が互いにずれてしまったり、お互いになくなってしまったりすると、恋愛は長続きしません。

だからこそ、好きな人といる時間は、あえてわくわく感や幸せな感情に注目して、敏感に感じとるようにしてみましょう。

3.わくわく感を保つ秘訣は

わくわく感や幸せな感情に注目した方が良いとはわかっているものの、現実ではなかなか難しいことかもしれません。
不満や不安ばかりに目がいってしまう女性も少なくないはずです。

しかし、わくわく感がポジティブな未来を作り、あなたと彼の関係を良くしてくれるのです。その感情を日々感じやすいように練習してみましょう。

ポイントは、彼とのわくわくした未来を想像することです。彼と将来やりたいことや成し遂げたいこと、行きたい場所やあげたいものを日々考えるようにするとよいかもしれません。
そしてそれを共有し、二人でわくわく感を保っていきましょう。

4.相手の感情を客観的にみる練習をする

しかし、自分だけわくわくしていても、恋愛は上手くいきません。お互いが、同じくらいのわくわく感を持っているのが理想です。

感情の差が大きく開いて、関係が壊れてしまう前に、こまめに感情の確認をし合い、ポジティブな未来を共有しましょう。

ときには、相手が悲しんでいたり、怒っていたりすることがあっても、それに動じずに、相手がどんな感情なのか客観的に捉えて、相手の感情に寄り添うようにしてみてください。

おわりに

いかがでしたか?私たちは大人になるほど、忙しさに流されて「わくわく感」を見失いがちです。

しかし、恋愛において、仕事においても言えるかもしれませんが、上手くいている人はわくわくしているものなのです。
だからこそ、あえて、この感情を大切にしてみましょう!

(いい女bot/ハウコレ)
(ヴィエンナ/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事