2015.05.12

大きさは触り心地でカバー!幸せもちふわおっぱいの作り方

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。突然ですが、自分のおっぱいの触り心地感じていますか?
乳がんの早期発見の為にも、おっぱいチェックを常にしている方も増えている傾向ですが、まだまだ「おっぱいの触り心地」にこだわる方は少ない印象です。
おっぱいは女性の宝物。せっかくならふわふわもちもちおっぱいに変身してみましょう。

まずは血流を促しておこう

ハウコレでも何回か書いていますが、顔でも足でも共通な美肌のポイントは血流とリンパの流れを良くすること。といっても、めんどくさいのはなかなか続きません。
筆者で言えば2工程あるだけでもめんどくさく感じてしまいます。続けやすいのは手軽で簡単なこと。そこで、エステティシャンの友人にもおすすめ簡単マッサージを聞いてみたのですが、答えはやっぱり「とにかく脇を揉んでおけ」それに尽きるそうです。
もちろん、めんどくさくない方は鎖骨周りや首のマッサージをセットにした方が効果はありますが、とにかく続けるためには「メンドクサイ日ハ風呂デ脇ヲモメ」が合言葉でOKです。

「おいしいおっぱい」はおいしい物で作られる

肌触りの他にも気になりがちなのは、胸の谷間のニキビや肌荒れ、乳首の色などだと思うのですが、全ての悩みに対応するのは「おいしい食べ物」とのこと。
「まさかの“中から綺麗”系?効果を得るまで時間かかりそうだなー」と思うなかれ。
おいしい食べ物をそのままおっぱいに乗せてしまうのです。

これからの季節は、お風呂上がりも寒くなくおっぱいケアにはもってこい。
自分がお皿になったつもりで食べ物を乗せていきましょう。全裸か半裸かはどちらでもいいので、開放的な気分の日は全裸で全身に試してみてもいいかもしれません。

おすすめはヨーグルトやきゅうり

おっぱいに乗せるおいしい食べ物でおすすめなのは、ヨーグルトやきゅうりです。
美白効果も高いので、乳首のくすみにも効果的。特に、ヨーグルトの表面にある水分”乳清”は美肌効果も絶大です。水溶性ビタミンやミネラルが多く含まれていて、ニキビ肌解消にも効果がある優れものなのです。
しっかりマッサージして温まった身体の汗を軽く拭き取った後、おっぱい用化粧水や炭酸スプレーなどを付けるだけでももちもち肌おっぱいに近づくことができますが、その後に、寝転がっておっぱいにヨーグルトやキュウリを乗せるだけで、くすみの取れた吸い付くようなおっぱいに変身することができます。キュウリは切ったものでもすりおろしたものでも問題ありません。乳首の乾燥が気になる方は、はちみつを混ぜるのも効果的です。

おっぱいパック中の自分を見てはいけない

おっぱいパック中の姿はとてもシュールです。パンツを履いてみても、パジャマの下だけ履いても、エステ気分でバスローブで寝転がっても、どうやってもちょっと笑えます。
ふと、我に返った時に「わたし何やってんだろ…何なんだろこのカッコ…」という、なんともいえない気分になってしまう時もありますが、その気分に負けずにしっかり15分くらいは時間をおきましょう。
おっぱいパック中は鏡を見ないのがポイントかもしれませんね。TVでも観ながらゆっくりパックしましょう。

おっぱいよ美しくあれ

おっぱいを好きな男性は多いです。お尻派とおっぱい派で分かれると思いますが、
「おっぱいを見るのも触るのも嫌いだ」という方は少ないはず。大きさよりも触り心地を重視する人も多いですし、女性からしてもきれいなおっぱいは憧れの的。そうであれば、せっかくのパーツを磨かないのはもったいない!しっかりケアすること、キツイ下着で締め付けないこと等に注意して、いつまでも美しいおっぱいでありたいですね。

おわりに

鎖骨からおっぱいまでのライン(デコルテ)が美しい女性は、カットソー等の着こなしも綺麗に見えます。これからの季節、デコルテ見せのお洋服も多くなりますので、美しいデコルテとおっぱいで胸元から輝くビームを放出できるような女で薄着の季節を迎えたいですね。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事