2015.05.12

夏前に痩せ体質!「今日の脂肪は明日リセット」で痩せ子になる方法とは?


こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。だんだんと暖かい季節になってきて、薄着の季節がやってきますね。冬の間に蓄えた脂肪はありませんか?そう聞かれて思わず「うっ…」と黙ってしまう人も少なくないでしょう。筆者も同じくです。しかし、毎日ダンベルを上げている時間はありませんし、だからといって「簡単に痩せる魔法」がないこともわかっています。では、どうすればいいのか。今回はそれをご紹介しましょう!

魔法の呪文はないけど痩せ体質になることはできる

痩せ体質と肥満体質は真逆のものですが、ちょっとしたことに気を付けるだけでも、痩せ体質への変身が可能なのです。小さなことからコツコツと!普段は忘れてしまっているダイエット知識ですが(なぜ人は忘れてゆくのか?)、筆者も明日から心を入れ替えて頑張りたい!痩せ子になる為の方法は4つです。

1.何よりも大切!腸をきちんと整える

腸内環境の大切さはご存知の方が多いと思いますが、腸内は体内を綺麗にする為の排出工場です。腸内環境が整っていれば、スムーズな排出が行われ、代謝も上がります。
逆に腸内に汚れがあるとむくみの原因にもなりますので、排出工場の役割はとても大きいのです。

・常温の水をこまめに飲む
・食事の前には必ず水を飲む
・発酵食品や、食物繊維を意識した食事をする
・ヨーグルトやバナナなどを毎日食べる

これらの習慣がきれいな腸をつくります。

2.食べるときはメリハリを大切に

1種類だけの食べ物を食べるダイエットは効果がなく、すぐにリバウンドしますし、各種サラダやこんにゃくなどで種類は増えても、やはりローカロリーなものしか食べちゃいけないというのもストレスが溜まってしまいます。友人と笑いながら、食べたい物を食べる時間も大切です。
食べ過ぎた次の日は、半日断食をしてリセットしましょう。
断食が辛い方は、春雨スープや重湯で調整するのもおすすめです。

3.自律神経のバランスを整える

睡眠不足やストレスなど、イライラが多い生活環境は自律神経の乱れを引き起こします。
自律神経の乱れは、代謝や血流を悪くすることはご存知でしょうか?
血流が悪くなると、悪いものも溜まりやすくなりますし、何よりも腸の排出環境が最悪の状態に。全てが皮下脂肪になってしまうという恐ろしい状態を避ける為にも、自律神経はしっかり整えておくことが大切です。

・呼吸が浅くなっていないか意識する
・睡眠時間を充実させる
・香りや音楽でリラックスする
・ストレスを発散する方法を見つける
・ガムを噛んで副交感神経を刺激する

こういった習慣付けでバランスよく保っていきましょう。

4.“脂肪は冷たい”を忘れないで歩く

「私、冷え性で。」なんとなく女性らしい一言に感じますが、脂肪は冷たいのです。お肉屋さんで大きな豚肉の塊を触ったことがある方は、あのヒヤッとした感触を思い浮かべやすいと思うのですが、あの感触を思い出すだけで痩せたくなりませんか?

引き締まって暖かい、活動的な身体は筋肉がバランスよく付いており、冷たい脂肪を燃やしてくれます。
豚肉は冷蔵庫に入っているから冷たいわけでもあるわけですが、あの豚肉の「ブヨっと、ヒヤッと」した感触。あれが身体に付いていると想像することでダイエット脳へ切り替わるスイッチになる気がします。
脂肪を燃やすのは筋肉です。まずは、エスカレーターをやめて階段を利用してみましょう。

おわりに

食べ過ぎてしまうこともあれば、お付き合いで飲むこともあって当たり前の毎日。女性は外に出たら7つの誘惑と戦うと(私の周りでは)いわれてます。ケーキ、アイス、シュークリーム、パンケーキ、甘いドリンク、コーヒーと一緒に食べるクッキー、おしゃれなクレープ・・・食べてしまったら仕方ない!その日はその幸せをしっかり味わって、次の日はリセットに集中しましょう。今日の脂肪は明日にリセット。それだけでも痩せ子に一歩近づきます。

(川上愛子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事