2015.05.13

男性が思わずお誘いメッセージを送りたくなる「Facebook投稿」のコツ3つ

合コンや飲み会で知り合った男性と、必ずといっていい程つながる機会が多いのがFacebook。
自慢やリア充な投稿で溢れるFacebookですが、あなたの何気ない投稿内容によってはモテを遠ざけてしまっているかもしれません。

一方で、賢い女子は投稿をうまく使って、気になる男性からのお誘いを受けているようです。

今回は20代~30代の男性に、どんな投稿をみるとデートに誘いたくなるかインタビューしてみました。

1.手料理の自慢投稿は『カレー』程度がベスト

『カレーの具はチキンが一番好き、と書いていたので、チキンカレーの美味しいお店に誘うきっかけになりました。』(23歳/商社勤務)

『冷蔵庫の食材で根菜カレーを作った投稿を載せている子がいて、料理上手さと経済観念がしっかりしていそうで惹かれました。』(29歳/金融関係)

カレーが嫌いな男性はまずいません。料理名を聞いてもイメージできなさそうな難しい料理よりも、誰もが知っている料理を美味しく作れる女性の方が好印象です。

添付された画像に写っている料理や食器がオシャレ過ぎたり、あまりにも凝ったテーブルコーディネイトだったりすると、普段から高いお店に行っていそうで気軽に誘えないという意見もあるので、あえて100均で売っているようなシンプルなお皿に料理を載せるのも良いでしょう。

2.彼氏がいなさそうな雰囲気を出す

『男がいそうだと感じると誘わないので、一人でご飯を食べている投稿がよく上がっていたりすると誘います。』(29歳/投資関係)

『仕事で帰りが遅いので、同じように帰りが遅い女性は誘いやすいです。』(31歳/保険関係)

 確かに、交際相手がいなさそうで、しかも生活リズムが似ている相手は誘いやすいですよね。

休みの日に予定がないことをアピールしたり、ご飯を食べる相手がいたらいいなと思っているような投稿を載せるのも、直接的ではありますが有効です。

3.誘いやすいのは『ラーメン屋に誘っても大丈夫な子』

『二郎(脂ぎっしりの豚肉と野菜で有名なラーメン屋。
頼み方など暗号のようなルールがあり、知らずに行くのはハードルが高い)に行ってみたいという投稿を書いていた子がいたので、誘ってみました。』(31歳/物流関係)

『お嬢様っぽく見える女性なので誘いにくかったのですが、餃子が好きだと書いていた投稿を見て、庶民的な一面にグッと来ちゃいました。』(25歳/研究職)

その女性達は、実はお目当ての男性がラーメン好きなことを知っていて、自分の投稿を読んで相手が誘ってくれることを狙って投稿している可能性も…!
同性からみるとあざとく見えるくらいの投稿の方が、男性は反応しやすいのかもしれません。

4.お酒を載せるなら、発泡酒か第三のビール

『いつもは発泡酒だけど、今日は給料日だったのでプレミアムモルツ買っちゃった!
…という投稿を見て健気だったので、思わずビールを奢ってあげたくなりました!』(35歳/自営業)

おじさんっぽく思われそうで抵抗があるかもしれませんが、男性の好物であるビールを載せている女性は親しみやすく印象が良いです。
しかも、普段は倹約家でささやかなことでも喜んでくれそうなところがポイントが高いのです。

詳しくないけれど美味しいビールのお店に行ってみたい、ということをさりげなく書くと、さらに誘われやすくなりますよ。

おわりに

いかがでしたか?
女子会の様子などを載せる方も多いかと思いますが、男性がその投稿を見ても、女子同士で自己完結している印象を受けてしまいます。

自分が入る余地がなさそうな内容だとアクションを起こすには至りません。ちょっとした隙を作ることで男性にアクションを起こさせることができるんです。

簡単なテクニックなので、「いつもは閲覧専用で投稿しない」という女子も、ぜひうまく使いこなしてくださいね!

(上岡史奈/ハウコレ)
(島村 遥/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事