2015.05.13

◯◯前なら太らない!?チョコレートの上手な楽しみ方


こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。突然ですが、筆者は自他共に認めるチョコレート好き。皆さんはいかがでしょうか?「好きだけど、太っちゃうから・・・」そう答える方も多くいらっしゃるでしょう。確かに太るイメージの強いチョコレートですが、実は美容効果も高い食べ物。そうなったら、食べないのはもったいない!さっそく、ご紹介しましょう。

大好きなチョコレートと離れたくないあなたは

大好きなチョコレートと離れたくない方は、チョコレートのいいところをたくさん知りましょう。思考もダイエットに影響するというのは有名なお話。
「チョコレートは太る」と思って食べるか、「チョコレートは身体にいい」と思って食べるかで、ダイエットにも大きな影響を及ぼすかも? 

女性に必要な成分がたくさん入ったチョコレート

チョコレートに含まれるカカオマスには、ビタミンや鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。また、カカオポリフェノールには血管拡張作用があり、冷え性にももってこい。
チョコレートは自律神経を整え、イライラやストレスを解消し、記憶力アップにもつながる食べ物。チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は、やる気を出す成分ともいわれ、テンションを上げて集中したい方に必要な成分です。

疲れた時に甘いものが欲しくなる方も多いと思うのですが、引き出しに入っているチョコレートを少しつまむだけでシャキッと頭が切り替わる感じは、チョコレートに含まれるこれらの成分のおかげかもしれません。

だから食べよう、チョコレート!そう、ごはんの前にね

ここまでチョコレートの効果を知ってしまうと、チョコレートを率先して食べたくなってくる気分ですが、脂肪分や糖分がやっぱり気になります。
でも、おいしいチョコレートは甘いのです。だから好きなんです。
そんな、根っからの「チョコレー党」の方は、食事の前にチョコレートを味わいましょう。
チョコレートが血糖値の上昇を抑え、満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防いでくれます。
今日は焼肉!そんな日は、少し前においしいチョコレートをつまんでおくといいかもしれません。

どんな食べ物も食べ過ぎに注意

筆者は、お徳用チョコレートの1袋くらいならあっという間に食べてしまいますが、それではそのタイミングに食べても、やっぱり太ってしまいますよね。チョコレートの1日摂取量は約50g。板チョコ半分くらいが目安だそうです。アーモンドチョコレートなら10粒くらい。足りないですね….でも、おいしいチョコレートを楽しみつつも太らないようにするにはガマンも必要なのです!

おわりに

プレゼントしたくなるようなちょっと高価なチョコレートから、コンビニで手軽に買えるチョコレートまで、毎日少しずつ味わって食べる、あの幸せな瞬間は何物にも代えられません。至福の時を毎日味わう為に「少しずつ」を意識してこその「チョコレー党」だと肝に銘じて、チョコレート人生を歩もうと思います。

(川上愛子/ハウコレ)

関連記事