2015.05.17

あなたを柔らかく知的に魅せる「グレー」を味方にしよう!

色は、心理的なメッセージを持っています。五感に働きかけ、特に感覚と無意識にアクセスするため、自然に相手を惹きつけてくれるのです。ほんの少し色を意識して使うだけで、周りと大きく差をつけられますよ。
今回は、柔らかく知的な女性に見せる「グレー」についてご紹介します。

1.グレーのキーワード

グレーのキーワードは「穏やかさ、控えめ、落着き、忍耐強さ、信頼」など。
ネガティブなイメージとしては、「あいまいさ、憂鬱、地味、無気力」などがあげられます。
色のキーワードからもわかるようにグレーは他の色となじみやすく、自己主張をせずに周りの色を引き立てることができ、控えめな上品さが特徴です。

2.グレーを好む人

グレーを好きな人は、控えめで穏やかで協調性があります。静かな物腰と周りへの気遣いから、知的な人だと思われるでしょう。
本心は、人ともめたくないから目立ちたくないのかもしれません。「あなたの意見は?」と聞かれるのが怖かったりしませんか?安全第一になりすぎると優柔不断だと思われることも。
しかし、実は現状を把握する力があり、その気になればびっくりするくらい問題を解決する能力を持っている人が多いのです。

3.恋愛とグレー

落ちついた大人の雰囲気を持つ人が多いです。感情の波が少なく、静かに見えるでしょう。その秘めた雰囲気が官能的な魅力に見えることも。ただし、積極的ではないので、情熱的に相手からアプローチされると、どうしていいのかわからずスルーしてしまいがち。「どういうつもりだろう?」「遊びなのかな?」とかあれこれ考えて気持ちを乱されるのが苦手なので、静かで落ち着いた恋愛が好みでしょう。
仕事仲間や趣味の仲間など、信頼できる年上の人からの紹介をお願いすると、安心して恋愛をスタートさせることができるかもしれません。

4.結婚とグレー

穏やかさを望むあなたは、刺激はないけれども穏やかで落ち着いた結婚相手を得られるでしょう。自分から動くことが苦手なので、お見合いのほうが成功率が高いです。ただしお見合いをするときには、グレーの服をメインにすることはお勧めしません。仕事の時には「できる人」に見えますし、自分も安心感も得られるので効果的ですが、結婚に関しては「清楚で優しい雰囲気」を演出しましょう。本当はペールピンクやコーラルなどがお勧めですが、苦手ならベージュやホワイトを選ぶといいでしょう。ベージュは自分の気持ちも落ち着きますし、清楚で家庭的に見えるのでお勧めです。

5.服と香りを合わせる

グレーは仕事の時には効果的ですが、デートには控えめに使いましょう。代わりにグレーの安心感と、気持ちを落ち着かせる効果をシナモンで取り入れることができます。
世界で最も古いスパイスと言われるシナモンは、その香りだけでも集中力やリラックス効果が得られます。朝、シナモンパウダーを紅茶などに入れて飲めば、好調な1日がスタートするでしょう。

最後に

普段、グレーには興味がないのに気づいたらグレーばかり選んでいた…そんなあなたは、お疲れなのかもしれません。何か不安なことがあったり、迷っていることがあるのでは?
グレーは思考を表す色でもあります。頭が曇り空のようになっているのかもしれません。
身体を動かすなどして、気分転換をしましょう。

(数野ギータ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事