2015.05.17

爪って日焼けするの?紫外線が強い季節に気を付けたい爪のUV対策4つ

こんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。紫外線の強い季節になってきましたが、年齢の出やすい「手」の紫外線対策はばっちりですか?手や爪は、長袖を羽織っていてもどうしても紫外線にさらされます。
手が日焼けすると、せっかく塗ったマニキュアもくすんで見えたり、加齢を重ねると手の甲に大きなシミが浮き出てきたりとがっかりすることがたくさんあります。手が日焼けするということは、もちろん爪もに日焼けの影響があります。爪にどんな変化が起こるかご存知ですか?

マニキュアを塗った爪の日焼けは要注意

手や足の爪に塗ったマニキュア。それ、ベースコートやトップコートはしっかり塗布していますか?マニキュアの前に必ず塗るベースコートは、爪への色素沈着を防ぐ為にも塗布することになっています。
特に足のマニキュア。なかなか剥がれないからといって、1か月近く塗りっぱなしにするのは要注意!
ベースコートやトップコートを塗らずに塗布したマニキュアが、紫外線にあたることで爪に色素沈着を起こすことがあります。

マニキュアを取ってみたら爪が茶色に

「そういえば」なんてふと思い出して、久しぶりにマニキュアを取ってみたら
爪が黄色や茶色に変色してしまった経験がある方も多いはず。紫外線による色素沈着を起こしたら、爪が伸びるまでそのままの色で過ごすことになってしまいます。
爪の変色を防ぐ為にも、ベースコートはしっかりと塗り、トップコートはUV効果のあるものを塗布するようにしましょう。

爪は日焼けするのか?

爪は、皮膚が板状に変化した組織ですが、死んだ細胞ですので直接日焼けすることはありません。爪が日焼けして、どんどん黒くなっていったらちょっとホラーですよね。
では、なぜ紫外線に気を付けなければならないのか?
それは、爪の下や周りにある「これから爪を造る組織」に影響を及ぼすからです。
紫外線の影響は爪の変色だけでなく、他にもいくつかあります。
肌と同じと考えるとわかりやすいですね。
紫外線による乾燥を引き起こすと、爪が割れやすくなったり、老化の一環として現れる「爪の縦シワ」が増えたりと、肌と同じように変化が表れ始めます。

ジェルネイルもUVランプを使用してるんじゃないの?の疑問

ジェルネイルもUVランプ使ってるんじゃないの?乾燥しちゃうってこと?!と心配になった方もいらっしゃると思うのですが、主要メーカーのジェルネイルはUVカット効果がある成分が含まれています。硬化する時のランプだけでなく、普段の日光でも変色しないように作られているので安心ですね。
また、UVランプを使用しているネイルサロンは減少傾向にあり、LEDランプを使用している所が増えています。
UV対策をしっかり行いたい方は、LEDランプを使用しているかどうか、ネイリストさんに確認してみるといいかもしれません。
また、施術後の保湿をしっかりと行っているサロンであることも要チェックです。
UVランプを使用している場合、手全体に照射されていますので、指先だけでなく全体をしっかり保湿するように注意しましょう。

おわりに

紫外線は、百害あって一利なし。手や爪にももちろん影響がありますので、顔と同じようにしっかりお手入れしてあげてくださいね。
年齢の出やすい場所であるからこそ、UV対策が必要です。

(川上愛子/ハウコレ)

関連記事