2015.05.16

長く付き合っている人は要注意! 「浮気心の起きる周期」とは

長く円満に続いているカップルは見ていて微笑ましいですね。

しかし、長く付き合っているカップルにも、浮気の危機が訪れることがあります。
今回は、数々の浮気現場を見てきた元女探偵の筆者が解説します。

1.3の倍数の時期が危険

昔から言われることですが、3ヶ月、半年、1年、3年など3の倍数の時期に浮気が起きやすいのは事実です。
結婚していても9年目、15年目、30年目など、長い年数が経った後でも浮気は起きることがあります。

お互いに気を許してドキドキ感がなくなってしまうと浮気につながりやすいので、恥じらいを忘れないようにしましょう。
いつもの日常の繰り返しではマンネリ化してしまいます。定期的に温泉旅行に行ってみたりすると、新鮮味が取り戻せますよ。

2.女性の浮気は生理周期に左右される

浮気は男性だけのものだと思っていませんか?長く付き合っていて新鮮味がなくなってくると、女性も他の男性に興味が湧いてきてしまうことがあります。

女性の性欲は女性ホルモンのバランスに左右されるので、生理周期によって浮気したい気持ちが出てくることも。

本能的に、同じ男性の精子ではなく、より優秀な男性の精子を求める傾向があるので、排卵日周辺に浮気心が起きるタイプの女性がいる一方で、妊娠の心配の低い生理前の時期に無性にエッチしたくなるタイプの女性もいます。

満月の時期に月とホルモンの影響を受ける可能性があるということは、覚えておいて損はないかもしれませんね。

3.春

サカりがつく、という言葉があるように、動物が一斉に繁殖活動を行うのは春先です。

年中繁殖活動ができるとはいえ、人間も動物の一種なので、やはり春は本能的に性欲が増す人が多いようです。
環境が変わって新入社員などと知り合う機会も増えるので、浮気のチャンスが多い季節とも言えるでしょう。

4.厄年

体の不調が問題視されやすいですが、愛情運や仕事運にも不運が起きやすいのが厄年です。
それまで誠実で浮気の気配など一度もなかったような男性が、魔が差したように浮気をしてしまうことがあるのだそう。

ちなみに、男性の厄年(前厄~後厄まで)は24歳~26歳、41歳~43歳、60歳~62歳、女性の厄年は18歳~20歳、32歳~34歳、36歳~38歳、60歳~62歳と言われています。
自分の厄年に彼の浮気が発覚するケースも多いので、気をつけてくださいね。

おわりに

いかがでしたか。
どんなに好きで付き合い始めても、いつか飽きはやってくるものです。

男性は理由がなくても本能で浮気してしまうことがありますが、女性が浮気する場合はどこか満たされない寂しさだったり、女として見て欲しいという不満だったりと、何かしら理由があることがほとんど。
一瞬の浮気であっても、された方のショックは大きく、頭では許そうと思っても本心から忘れられる人はいません。

長く良いお付き合いを続けていくためには、一時の気の迷いで本当に大切なものを見失わないように、お互いの努力が欠かせないですね。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事