2015.05.16

出会って3回目までにこんな発言があったら要注意!「体目当て男」の特徴

春から夏にかけては歓送迎会なども多く、出会いが増える季節ですね。
男性からお誘いを受ける機会も多くなると思いますが、中には、「セフレにしてやろう」と体目当てであなたに近づいてくる男性もいるので注意が必要。

今回は、元女探偵の筆者がそんな「体目当て男」の特徴を解説します。

1.やたらと外見や性格を褒めてくる

体目当てで女性にアプローチできる男性は、基本的に遊びなれています。そのため、女性が喜ぶような言葉をかけたりするのは朝飯前です。

逆に、誠実な男性は不器用で照れ屋なので、そのような言葉をかけるのは苦手。
もし近づいてきた男性が『こんな可愛い子には会ったことがない』『こんな美人と飲めて幸せ』『美人で仕事ができて最高だね』『こんな素敵な女性と知り合えて、生きていてよかった』などと歯の浮くような褒め言葉を連発してくるようなら要注意です。

2.下ネタが多い

基本的に男性が女性に下ネタを振ってくるときは、エッチできそうかどうか探っているときです。

下ネタを振って嫌がらない女性は、男性からすると軽そうに見えます。
ノリノリで反応してしまったら、簡単にOKする、セフレにしやすそうと思われてしまうので気をつけましょう。

そもそも、本命の女性には下ネタを振れないので、下ネタを振って来る時点で体目当てだと思ったほうがいいでしょう。

もし気になる男性から下ネタを振られたら、断固として嫌な顔をするようにしましょう。

3.聞き上手である

女性は自分の話を聞いてくれる男性に好意を持ちますが、遊んでいる男性はそれをよく分かっていて、敢えて女性の話の聞き役に回ります。

一方、真面目な男性は、女性の話を黙って聞くよりは問題を解決しようとするので、聞き上手にはなりにくいです。
彼がきちんとした人なら、あなたが間違っている時には指摘しますし、全肯定はしないでしょう。

あなたが会社や友達の愚痴などをブツブツいっても優しく慰めてくれる男性は、本当に優しいのではなく、体目当ての可能性が高いですよ。

4.自分の話は殆どしない

男性は、真剣に好きになった相手には自分のことを知ってもらいたいものです。
そのため、必要以上に自慢話をして喋りすぎたり、自分をすごいと思ってもらいたいがゆえの発言が多くなったりします。

逆に、体目当ての男性は関係を長く続ける気がないし、面倒になったらすぐに逃げられるように自分の個人情報はなるべく明かしません。

名刺を渡してこない、家の住所を教えないなど不審な点が見られるはずです。
Facebookなども『やっていない』と言って教えなかったり、ほとんど更新していないタイプの男性も怪しいと思った方がいいかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。
友達の恋愛相談を聞いている時は、明らかに体目当ての男性を見抜くことができるのに、いざ自分のこととなると客観的に見れなくなってしまうんですよね。

「この人もしかして体目当てなのかな?」と思ったら、ぜひ上記のチェックポイントと照らし合わせてみてくださいね。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事