2015.05.17

身にしみるぜ!「彼女っていいもんだな~」と男子が感じる瞬間・4つ

「最近、彼氏が私を大切にしてくれていない!」と、憤る女子はいませんか?
お付き合いが長くなると、どうしても彼女がいて当たり前な感覚に陥ってしまうのかもしれませんね。

そんな男性たちが彼女の存在に感謝するのは、一体どんな瞬間なのでしょう。
インタビューを元にご紹介します。

1.カップル専用〇〇を利用できる

「飲み屋や映画館などのカップルシートを使って、イチャイチャするのが楽しい。
彼女がいるという実感が湧いて、仕事の疲れなど吹っ飛ぶ」(25歳/広告)

ここのところ付き合っている感じがしない…と落ち込むなら、カップルシートがあるお店など利用して、思いっきりラブラブしてみるのはいかがでしょう。
初心が思い出されて、あの頃の情熱が戻ってくるかも。

最近はプラネタリウムやカラオケルームにも、カップル版が登場しています。

2.将来を考えてくれる

「高校3年生の時、特にしたいことがなく、大学受験を止めてフリーターになるつもりだった。
周りの友達は『ふーん。別にいいんじゃない』くらいしか言わなかったが、彼女だけは唯一『今はそうでもしたいことが出てきたとき、高卒じゃ困るかもよ』と止めてくれ、願書まで代わりに取ってきてくれた。感動しました」(22歳/飲食)

「自分のことを真剣に考えてくれている」と感じると、彼女の存在が身にしみるようです。

そもそも、「どうして私を大切にしてくれないの!」ではなく、「どうしたら彼を大切にできるだろうか」と視点を180度変えれば、やるべきことが見えてくるはず。

3.気を許してくれる

「同じ布団でぐーぐー、ヒドイ顔をして寝ている彼女の姿を見ると、とてもほっこりした気持ちになるし、『いつもありがとう』と思います。
こんなに気を許した間抜けな顔、俺にしか見せられないだろうなって」(22歳/SE)

自分だけに、という特別感が彼氏を癒してくれるみたい。

彼が最近冷たいのは、あなたにもツンツンしたところがあったからかも。
もう一度気を許して、甘えてみるのも手です。「こんな姿、〇〇くんにだけしか見せられない」のひと言も忘れず。

4.洋服を選んでくれる

「あまりファッションに興味がなく、着れれば何でもいいと思っているのですが、彼女に洋服や持ち物を選んでもらえるのは嬉しいです。
それを使っている日はテンションが上がります」(24歳/営業)

定期的に自分のことを思い出してくれる環境づくりは面白いですね。

洋服のほか、下着、小物、いつでも身につけられるアクセサリーなんかも良さそう。洋服屋さんデートだなんて、いかにもカップルっぽいデートもできますし。

おわりに

いかがでしょうか。最近自分の影が薄くなっていると悩むなら、彼氏とラブスポットに行き、真剣に思い、気を許し、選んだモノを持たせ…。

彼が「彼女っていいもんだな~」としみじみ感じるよう、こっそり誘導してみてくださいね。

(倉持あお/ハウコレ)
(大倉 士門/モデル)

関連記事