2015.05.18

やり過ぎは禁物!勘違いしがちな女子のモテテク・4つ

春は恋の花咲く季節。あなたの周りでも、男子と結構いい関係になってるっぽい女子が増えてきてないかな。

どうすれば、あんなふうにうまくいくんだろう?何か秘密のモテテクがあるなら教えて!

……なんて思っている女子はいっぱいいるよ。だからこそ、そんな迷える女子だちの需要に応えて世間には色んなモテテクがあふれているんだよね。

でも、中には注意しないとかえって逆効果になっちゃうものもあるって知ってた?
モテようと思ったのに結局モテなくなるなんて悲しいから、今日のポイントをしっかりチェックしておこうね。

1.尽くすアピール

「私、家事できます」「得意料理は肉じゃがです」などの、男子に尽くす女子をアピールすればモテるはず……って思っている女子はいないかな。就職活動のときには自己アピールが大切だけど、恋愛ではそうとは限らないよ。

相手が希望したことなら言ってもいいんだけど、相手が頼んでもいないのにこっちから勝手にやってアピールしちゃうのは逆効果。言われた男子のほうからすれば、暗に見返りを求められているような気がしてウザく感じるからね。

「アピールしちゃだめなら家事とかやる意味ない」と思ったら、無理して家事なんてやらなくてもだいじょうぶだよ。
アピールできなくてもやりたいと思えるものだけやっていればオッケー。

2.笑顔のゴリ押し

「笑顔が大事」なんて、いろんな雑誌とかウェブサイトとかに書いてあって、ほとんど常識みたいになってるよね。

でも、これが逆に女子をモテなくしてしまう危険な技なんだ。「笑顔は大事だから笑顔を心がけよう」と思って無理矢理笑顔を出そうとすると、笑顔を出すタイミングが会話にあっていなかったり、笑顔を作ることに集中しすぎて緊張した顔になってしまったりするの。

目は疲れて口だけは笑っているような不自然な表情だと相手は警戒しちゃう。
笑わなくていい話題や、むしろ笑ってはいけない話題のときに笑顔を見せたりするのも、相手は「自分の話を真剣に聞いてもらえていない」と感じて気持ちが離れていっちゃうよ。

自然に生まれた笑顔は魅力的だけど、作った笑顔は逆効果ってことを覚えておこう。

3.女っぽいしぐさのやりすぎ

「男子が色気を感じるしぐさ」「異性を意識する女子の反応」などといったテーマは女子の間でも大人気だよね。
モデルさんとかだけじゃなくて普通の女子でも簡単にできそうな気がするし、そんなことで好きな男子の気を引けるなんて思ったらつい知りたくなっちゃうもんね。

でも、残念ながら実際にそれをやってもモテるわけじゃないんだ。実はそういった男子の意見って、あえて聞かれたから答えているっていうだけなの。

たとえばそのとき髪をかきあげるしぐさがイイって答えた男子でも、目の前の女子にしょっちゅう髪をかきあげられたらやっぱり嫌になっちゃうんだ。

4.過剰な自分みがき

「完ぺきな女子になれば彼氏ができる」「恋人には尊敬されなくてはいけない」という思いこみから、なぜか英語の勉強をしたり試験を受けたりしてしまうがんばり屋さんの女子。
努力して目標を達成→→でもモテない→→「おかしいな、また新しい勉強をしよう」……

こんなふうにして自分みがきを続けていくと、どんどんモテなくなっていっちゃうんだ。
ヒマな時間は自分みがきにあてるから男子との出会いはなくなるし、可愛い・守ってあげたい女子からもどんどん離れていくからね。

男子が好む情報に答えられるように勉強するっていうのも逆効果だよ。別に男子は完ぺきな女子とか尊敬できる女子を彼女にしたいわけじゃないんだね。

羽林由鶴さんからのメッセージ

勘違いしがちなモテテクについてわかってきたかな。「でも、そのテクで実際にモテてるコがいるんですけど」って思うかもしれないけど、その人は一時的にチヤホヤされているだけか、もしくはそういったモテテクが意識しなくても身に付いているような人。

モテテクをがむしゃらに使えばモテない女子がモテるようになるっていう意味じゃないの。
本当にモテるのはどんな女子かっていうと、意識的なテクニックに頼らない人。ごく普通の自然体の女子が実は一番モテているんだね。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事