2015.05.22

「年齢=彼氏いない歴」に悩む女子がとるべき行動とは?



こんにちは!ライターの福嶺美優です。
今回は21歳の女性から、こんな恋愛相談が編集部に寄せられました。


「今まで彼氏が出来たことがありません。学校や趣味の場で出会いはありますが、仲良くなってもその後の進展はありません。
以前失恋してから、友達以上の関係になったり傷ついたりするのが怖いのかもしれません。本気で結婚も出来ないのではと心配です。」


同じように“年齢=彼氏いない歴”という状況にお悩みの女の子も多いと思います。
というのも、“草食系男子”という言葉が流行したように、よっぽどのことがない限り、男性からぐいぐいアプローチが来る時代ではなくなってしまったからです。

では、“年齢=彼氏いない歴”に悩む状況を脱するためには、どういった行動をするべきなのでしょうか?今回はその対処法をご紹介します。

『理想を明確化する』

まず「彼氏を作ること」や「結婚すること」をゴールとしてではなく、通過点として考えてみてはいかがでしょうか。

「自分が将来どんな人生を歩みたいか」具体的に理想像を明確化してみましょう。
冒険の人生?穏やかな日々?その時にどんな男性にそばにいて欲しいですか? 自然と理想の男性像が浮かんでくるはず。

『理想に向けて行動する』

自分の理想の将来像がはっきりしたら、それに向けて行動してみましょう。
相談者さんはすでに学校や趣味の場に行っているとの事ですが、そこで“この人だ!”と思う人がいないのであれば、さらに行動範囲を広げる必要があります。

例えばマスコミ関係の仕事がしたいなら、テレビ局でのアルバイトをしてみたり、マスコミ研究会に入ったりしてみると良いでしょう。
目標に向けて活動の場を広げることで、同じ志を持った男性や、理解のある男性に巡り合える可能性が上がりますよ。

もちろん、自身の将来像に合った行動範囲だけでなく、「こういう男性と付き合いたい」といった男性像があるのなら、そういった男性のいそうな場所に出向くといったことも良いでしょう。

『待てば海路の日和あり』

とりあえず彼氏が欲しいからと焦って、好きでもない男性とお付き合いするのはお勧めしません。
無理して相性も合わない、特に好きでもない相手とお付き合いしてしまうと、せっかくの自分磨きの時間を浪費してしまうばかりか、他の出会いの可能性をも無駄にしかねません。

焦る代わりに自分の人生の目標に向けて努力する時間を増やしましょう。
今は運命の相手と出会うための準備期間と捉えてみてはいかがでしょうか。

『失敗は成功の基』

相談者さんは過去に失恋をして、それがトラウマになってしまったようですね。
私自身も実感している事ですが、恋愛に限らず、人生は思い通り行くことの方がむしろ少ないと思います。

挑戦して、失敗して、傷ついて、悩んで、また挑戦して…そうやって人は幸せや成功を手にすることが出来るのだと思います。

そうしてつらい気持ちを乗り越えるからこそ、本当に好きな相手と巡り会えたとき、幸せやそのありがたみを感じる事が出来るのだと思います。
失敗したら、そこで学んだことを次に生かせばいいのです。

一度きりの人生、失敗を恐れずどんどん挑戦していきましょう。挑戦するから失敗があります。でも挑戦しなければ成功はありません。

失敗を恐れず、自分の幸せに向けて、前を向いて進んでみてはいかがでしょうか。きっとそこには素敵な未来が待っているはずです。

(福嶺美優/ハウコレ)

関連記事