2015.05.23

引き出して!男子が「実は彼女に言いたい」4つの言葉

Mっぽい女子の場合、彼に責め系の言葉をかけられながらエッチしたいと思っていることもあると思います。
どこが気持ちいいの? ん? 聞こえない? ん? どこ? みたいに……。もちろん、Sっぽい男子自身も、そういう言葉を掛けることで興奮するのでお互いに満足度は上がるでしょう。

でもいくら責め系男子といっても、「これ言いたいけど、でも、どうなんだろ…」と躊躇してしまうこともあるようです。

今回は、責め系彼氏が、実は彼女に言いたい4つの言葉について見ていきたいと思います。さっそくご紹介しましょう!

1.ホントはスケベなんでしょ?

「思わず彼女に悪いなと思って、今まで彼女に責め系の言葉として使ってこなかったのが『ホントはスケベなんでしょ?』です。激しく乱れた彼女に、昨日、はじめて使いました。
僕が意地悪なのではなく、彼女の乱れっぷりが僕の口を開かせたということです」(25歳/飲食)

こういう「ちょっと踏み込んだ」質問は、カップルで信頼関係がないとなかなかできないので、ここまでの質問を彼がしてくる、ということは、ラブラブの証かもしれません。

彼女の乱れっぷりに「思わず言わされた」。こう思いたいのも、おそらく男子の特性です。

2.ここどこ?ん?聞こえない

「やっぱり彼女には恥じらいをもっておいてもらいたいんですよね。
だから僕が『ここどこ?』と聞いて、小さな声で性器の呼称を言ってもらいたいんです。でないと『聞こえない』が言えないですから」(26歳/人材紹介)

なんかの演技指導みたいなコメントですが、でも男子って「ん?聞こえない」って言葉を使ってみたい生き物なんです。AVでエッチを覚えた、というのはそういうことです。

3.ホントは嫌じゃなくていいんだろ?

「彼女が『やだ』と言ってくれないと『ホントは嫌じゃなくていいんだろ?』と言えないですよね。
ドMの彼女はそのへんのことが分かっているのか、ちゃんと言ってくれます。ラブラブっていいですね!」(25歳/情報誌営業)

責め系のあられもない言葉が続いていますが、こういうのはカップルの信頼関係がないと言えない言葉なので、こういう言葉を言ってくれる彼がいる、というのはとてもいいことですよね。

彼に言ってもらいたいとお考えの方は、エッチ以前に彼との信頼関係を考えてみては?

4.俺のも触ってほしい

「男がアナルが感じるって、なかなか言えないじゃないですか、恥ずかしくって。
僕が彼女に『アナル気持ちいい?』と聞いて『うん、もっと』と言ってくれたら、『俺のも触ってよ』と言いやすいので、アナルのときの彼女の『うん、もっと』という言葉は非常に貴重です」(24歳/公務員)

責める言葉普段言っていると、逆にじぶんからお願いすることに、なんとなく気が引けてしまうのかもしれません。

彼が発する責め系の言葉とは、彼の願望を含んでいる、とも言えます。

おわりに

いかがでしたか?ちゃんとした信頼関係がないと、彼が言うことができない責め系の質問。その質問にどう答えるかによって、ラブラブ度が変わってきます。

エッチでも仕事でも、相手が言いたいであろう言葉をうまく引き出すって大事ですよね。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事