2015.05.24

「いつものパターン」と決別!数秘術で知る・恋の課題

こんにちは。占術研究家のシン・フォイです。
ふと気が付くと、いつも同じパターンの恋を繰り返している…なんてことはありませんか?好きになる相手に共通点があったり、よく似た状況下に置かれて苦しんだり。「前の人ともこうだった」――そう思ったら、数秘術で自分のナンバーをチェックしてください。何度も同じところでつまずくのは、恋愛から学びたい要素があるためなのです。
今回の計算方法は、生まれた月と日にちを足して出します。たとえば8月23日生まれの場合、8+2+3=13 1+3=4。2月9日生まれは2+9=11 1+1=2。数秘術では「11」「22」「33」を特別数として扱いますが、この記事では一けたに換算してください。

<1になった人>

あなたが恋愛から学ぶ必要があるのは、強いリーダーシップ。好きな人が優柔不断だったり弱気だったりなどして、はっきりした態度を取る必要に迫られるでしょう。それは魂が「自立する体験」を求めているからです。

<2になった人>

あなたが恋愛相手から学ぶのは、自主的に他人を助けること。そのため責任の重い立場に就いている人や、夢に向かって頑張る人を好きになるでしょう。あなたの魂が「人を支える・サポートする」体験を望んでいるためです。

<3になった人>

あなたが恋から学ぶ課題は、素直になること。そのため気持ちとは真逆の態度を取る・駆け引きをするなど、やや屈折した人を好きになります。あなたの魂は、思うことをストレートに伝える表現力を身に着けたいのです。

<4になった人>

あなたが恋の相手から学ぶのは、現実的に生きること。それゆえに金銭感覚がない人や、無計画に生きている人に惹かれるでしょう。あなたの魂が「しっかり準備する・実力を磨く」ことを今生で重視しているためです。

<5になった人>

あなたが恋愛から学ぶのは、何にも囚われずに生きること。あなたの魂は、広い世界で自由に生きる経験を求めています。そのため専門分野以外に興味がない・しつけが厳しい家庭で育った・など、やや堅苦しい相手に恋をします。

<6になった人>

あなたが恋愛から学ぶ課題は、見返りを求めないこと。あなたの魂は「無償の愛」がどんなものか、身をもって知りたいのです。それゆえ、あなたに対して素っ気ない割に手のかかる人や、非常に多忙な人と恋に落ちるでしょう。

<7になった人>

あなたの恋愛課題は、マイペースを保つこと。そのためにあなたの生活を支配しようとしたり、自分のペースに巻き込もうとする相手に惹かれてしまいます。あなたの魂は、影響力の強い相手からの独立体験を求めているのです。

<8になった人>

あなたの魂が恋に求めているのは、「成功体験」。いわゆる高嶺の花と呼ばれる存在や、背伸びが必要な相手を好きになります。ちょっと無理目に思える人に焦がれることで、努力の末に勝利する喜びを体験したいのです。

<9になった人>

あなたが恋の相手から学ぶのは、平和の大切さ。あなたの魂は個人の欲を捨て、皆が仲良く過ごせる幸福を感じたいのです。そのため、自分の意見を通すためには争いも辞さないような、やや過激な性格の人と恋に落ちるでしょう。

おわりに

 恋の相手は、あなた自身を映し出す「鏡」の役割を果たします。自分の魂が何を学びたがっているのかを知り、必要以上に相手に責任を押し付けないようにしましょう。

(シン・フォイ/ハウコレ)

関連記事