2011.01.01

スーパーのセリとミツバを2倍楽しむ水栽培のやり方

香りを楽しむセリやミツバは、少し使うだけでいつものおかずの味を引き締めてくれる便利な野菜です。

でも、たまにスーパーで買ってくるくらいで、常備している家庭は少ないのではないでしょうか。

セリやミツバは、スーパーのパックがあれば簡単に水で育てられます

買ってすぐに使って楽しみ、残りを栽培してもう一度収穫して楽しむことができます。育てていれば、いつでも新鮮なものを香り付けに使えるのでとても便利です。

水栽培の方法

セリやミツバの根に蓄えられている養分を使って新芽が育ちます。ミツバやセリを買うときは、根元が太くてしっかりしているものを選ぶといいでしょう。

1.買ってきたミツバやセリの葉の部分を切って普通に使います。切るとき、新芽が残るように切りましょう


2.ペットボトルを切ったものやコップなどに水をいれ、根の部分をまとめて活けます。このとき、水が根を浸すぎりぎりくらいになるようにします。


3.水が減ったら足し、1週間に一度水を全部入れ替えます。このとき根をいためないように、根を容器に入れたままコップを傾けて静かに入れ替えましょう。


4.1週間程度で新芽が伸びて食べられます。伸びた新芽を摘んで料理します。

おわりに

キッチンの窓際など明るい場所においておくと、新芽が伸びて2ヶ月くらい楽しめます。いつもなら、一回使って終わっていたセリやミツバが、長々と使えてとってもお得です。

かわいいマグカップや鉢カバーで覆えば、癒し系インテリアっぽく見えます。ぜひお試しください。

関連記事