2015.05.25

色で印象操作!ファッションのカラー別・男性からのイメージとは?

気になる男性のハートをゲットするために、メイクやファッションにも気合が入りますよね。とはいえ、単に流行を追いかけるだけではイマイチアピール力に欠けるもの。
やっぱり、お目当ての男性好みのファッションの方が効果は高いでしょう。

今回は、その中でも「色」に注目。男性が女性の服の色ごとにどんな印象を受けるのか、さっそく見ていきましょう!

1.ペールトーン

「淡くて明るい色って、女性らしくて好きですね。一緒にいろんなところへ行きたいです」(20代/アパレル)

「男ウケいい色だから、それを分かっててモテるために着ているのかなって思ってしまう。
清楚ぽいけど実は男好きっていうイメージもあります」(30代/SE)

男ウケの良い色、代表選手といったところですね!
華やかさがありつつも甘くて可愛らしい感じがするので、明るくて女性らしい人が好きな男性には効果バツグンなよう。

ただし、あまりにペールトーンばかりだと男ウケを狙っている『清楚系ビッチ』感が出やすいというのが難点。女性に対して警戒心強めな男性にはあまり効かなさそうです。

2.ナチュラルカラー

「僕は騒がしい人が苦手なので、落ち着いてていいなって思います」(20代/美容師)

「オレ的にはちょっと物足りないかな。ノリが良くてワイワイ楽しめる子が好きなんですよ」(20代/アパレル)

ベージュやオリーブ、ブラウンなど自然な色合いは穏やかな雰囲気が好感度の秘訣。

優しい女性のイメージが出せるので、落ち着いた女性を好む男性にはウケいいみたいですね。

反面、派手さや元気さには欠けるので、一緒にはしゃぎたい男性にはウケがよくないかも。

3.原色

「どうしても目立つし、良くも悪くもフットワークが軽そうな感じします」(10代/大学生)

「俺が派手好きだから相性いいなって思います。あとそういう子って、ちょっとしたギャップも目立つんですよね」(20代/クリエイティブ系)

派手さや我の強い印象が前面に出るので、好き嫌いがハッキリ分かれます。広くモテを偉うなら不向きかも。

しかし、派手な服を身に付けているゆえに、ちょっとした女性らしさやか弱さが強烈なギャップにもなるようですね。

派手好きで個性派な男性や、チャラそうだけど実はマジメな女性がタイプ、なんて男性には効果が期待できるかも?

4.白

「まさに乙女って感じで!下手に手出しとかしたくないし、大切にしたいって思います」(20代/営業)

「ものすごい清楚だから、もし黒いところがあると一気にイメージ崩れちゃうんですよね…」(30代/商社)

純白という文字そのままの「けがれなき乙女」のイメージがある白い服は、いわゆる清純派女子が好きな男性に効果絶大。

確かに、「白いレースのワンピース」なんて、清楚ファッションの頂点みたいな感じですよね。

しかしそのぶん、ちょっとでも清純派イメージからかけ離れた行動をとると、マイナスのギャップが働いて好感度はガタ落ちなよう。「身に付ける場合は仕草や言葉遣いには気をつけるべし!

5.黒

「ミステリアスでなに考えてるのはすごく気になります。追うのが好きだから、どんどんアプローチかけたくなるんですよ!」(30代/編集)

「春に黒いワンピースがめっちゃ似合う人とか、雰囲気あると思うんですけど。地味な人が着ると、なんか違う感じなんですよね…」(20代/デザイナー)

黒はシャープで近づきにくい印象がある一方、それゆえのミステリアスな感じに興味をそそられる男性もいるよう。

とはいえ、ただ黒を着るだけだと重くなったり、暗い印象になりがち。上品な落ち着きや大人の色気など、黒を惹き立たせる魅力があってこそ映えるといった感じですね。

おわりに

色一つで印象は大きく変わります。狙いの男性や出会いの場に合わせて、着る服の色も意識してみてくださいね。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事